感じることから学ぶ音楽レッスン・講座

読んだ本

小暑の頃の庭と「樹魔」

むせ返るような 梅雨の毎日です。 毎日庭に出るたびに、植物達は生い茂り化けものじ

ビルマの竪琴

  今から思えば、ビルマの竪琴は、初めてふれたファンタジーだった。 ビ

no image

年表 (おぼえがき)

誰が誰の前に生まれたとか、どんな流行の中でその作曲家がいたかとか、そういうことを

耳のしくみ

ザリガニは、自分の触覚の付け根にある穴の中に砂粒を一ついれて、自分と地平の傾きの

語彙力を鍛える

いきなり、あとがきの引用から・・ 言葉はどうせタダなのだから、人目を惹きつけられ