感じることから学ぶ音楽レッスン・講座

にわにわにっき

カテゴリ一 記事一覧

立夏の頃の庭

今朝につづいてにわにわにっき・・・ 南側の日陰庭あたり 木が大きくなれば、影も大

4月の庭まとめ

気がつけば庭にしゃがんでいる。猫目線くらいの高さで眺めるのが好きだ。幾重に重なっ

つのぐむ庭

子供の頃、 この季節に芽吹く木の芽を 絵本の外国のお城で ゆらゆらと煌めいている

立春のころの庭

ひめこぶしの蕾、萼が冬の日光にふわふわ。 庭は、土の表面が昼間でもカリカリに凍っ

秋分の頃の庭

夏の間滞っていた庭仕事。 自分の背丈ほどに茂ってしまっていた雑草と格闘しておりま

きなこの死

焦る気持ちがありながらままならず、東京から自宅に戻ったのが、18:30頃。白血病

大暑の頃の庭

庭はもうヤブでしかありません。 クマゼミが遠すぎず近すぎず程よいところで鳴いてい

小暑の頃の庭と「樹魔」

むせ返るような 梅雨の毎日です。 毎日庭に出るたびに、植物達は生い茂り化けものじ

夏至の頃の庭

今年は一昨日、6月21日が夏至だったそうです。 一年のうちで一番日が沈むのが遅い

あじさいの頃の庭

ひかりをはらむ。空気をはらむ。 あじさいってゆるい感じが良いのかも。 6月。芒種