無料音楽ワークショップはじめます。どなたでもお気軽にどうぞ!

10月なかばころからYouTubeにて、テキスト「ミュージックリテラシーワークブック1」を使いながらの音楽ワークショップを始めようと思います。リテラシーとは「読み書き」のこと。自分の体感と音楽の諸要素が一致して、楽譜から実感で音楽がよみとれるようにしていくプロセスを共有できたら、と思っています。

私自身も実験的、勉強がてら、というところなので、動画での学習は基本的には無料です。
ただし、ワークブックがあります。(1800円+送料)
ワークブックの内容はそのままこのホームページにもあげていきますが、どんどん手を使って書いていってほしいので、できるだけ購入をおすすめします。ワークブックの発売は10/6を予定しています。興味のある人に買って頂いて、せーの、ではじめられたら楽しいかなあと思っております。動画は10分程度のものを不定期にあげていきます。反応があれば、継続する励みになります。お互いの交流が質を高めていくことにもなるとおもっていますので、ぜひ試してみてください。

ワークブックの内容と活用

名称
音楽プロセスシリーズ1「ミュージックリテラシーワークブック1」

ミュージックリテラシーワークブックの表紙
おんがくのたねをそだてよう・音楽プロセス体験シリーズ1

これは、utena音楽室で活用をはじめているワークブックです。
作成する際に、オンラインでも学べるように、と思い、共有すべきことをこのワークブックに全部書きだしたつもりです。また、自分で聞き、書き、体験を積み重ねられるように、筆記部分も多くあります。
この内容はこれからこのHPにて公開していこうと思っていますが、自分のものとして学びたい、という方には、ワークブック(テキスト)の購入をおすすめします。また、動画も配信していますので、併せての学習をおすすめします。
また、このワークブックに沿って学習する中で尋ねたいことや、自分の感覚を確認したいというときには、オンラインでの個人ワークも可能です。では、一つ一つについてこれから説明していきます。

こんなワークブックです。

「ミュージック リテラシー ワークブック」は、音楽をゼロから学び直すワークブックです。音楽室の方では、レッスン時間のうち10分ほどをこのワークブックに当てて、基本的な体感を掴み、楽譜の読み書きに慣れ、音感・リズム感を養う補助としています。
音楽や楽譜の知識が体験として刻み込まれ、自分の中に音楽フィールドを育成できるように、と工夫しています。



注意力を喚起するワークになっているので、基本にもどる、といっても、今やっているところから引き返してまったくゼロにもどるわけではなく、音楽室では現在進行中の練習にも速攻で良い影響を及ぼしていて、私自身が驚いています。
ワークブックについて動画で説明しています。

ワークブックと動画でトライしてみませんか?感じながら進む音楽理論

「ミュージックリテラシーワークブック1」とこのHPとYouTube動画の連携で、音楽の基本的な体感と知識の再習得を試みます。音楽と馴染む身体を育むために。ここには自学できる工夫も盛り込まれています。utena.m.fが「音楽を描く」で培った観察方法や感覚の修正の方法がここにも息づいています。

この方法は「もう大人だから」わかりきった経験にも新鮮な風をおこしてくれると私は信じています。さまざまな事情で音楽を諦めていた人にもぜひ試していただきたい。そのために、こうしてネット上にあげていくことに踏み切りました。

注意事項

無料公開となっていますが、著作者の権利を放棄したわけではありません。
ワークブック、および、その内容の記事について、無断コピーを禁止します。

私自身としては、音楽プロセス体験が理解でき、適切に活用すればかならずその人の体験に役立つものになると思っており、だからこそに公開に至りました。やってみる価値は十分にあると思っています。ただし、オンラインでのワークは実験的なものなので、その効果については絶対にあると言い切れないです。個人個人の関わり方にもよると思いますので、その点に関してのクレームはお受けできかねますことをご了承ください。そのために無料公開であるということをご理解ください。

音楽教室などでの活用も歓迎します。ただし、かならず、生徒さんには個別にワークブックを購入していただくこと、ご自身のレッスンの成果についてはご自身で責任を持っていただくことを条件とします。また、レッスンに活用する際のアドバイスとしての個人レッスンも可能ですので、ぜひご連絡ください。

オンラインでのレッスンも準備中です。

ホームページにて順次公開していきます。

ミュージック リテラシーワークブックの本文と解説図、楽曲はすべてこれからこのホームページにあげていく予定です。
これまでに掲載している記事は下の目次のリンクからたどることができます。
ご興味のあるみなさんと一緒に育てていけれたらと思っています。

youtubeの動画配信について

HPでの「音楽リテラシーワークブック1」の公開に合わせて、youtubeでワークショップ動画の配信も行います。今の所不定期となっています。
youtubeのチャンネルは
utenaの音楽室内の 再生リスト

ミュージックリテラシーワークブック1を使った音楽ワーク勉強会

で視聴できます。
まだ、ワークブックの案内だけしか入っておりませんが、順次、公開予定です。

一回目の配信はこんな感じです。

オンライン個人ワーク

音楽リテラシーワークブックに即したオンラインでの個人ワークも受け入れます。

条件
「ミュージックリテラシーワークブック1」を購入し、実際にやってみていること。
しばらくは、「音楽を描く」「音楽リテラシー」などの講座に実際に足を運んだことのある人か、あるいは指導者でレッスンに活用しようと考えている人に限らせていただきます。レッスンはご本人が必要性を感じるときのみ、定期的なレッスンはいたしません。

金額
通常1時間5000円 (指導内容のアドバイスの場合+1000円)
メールで申し込みをされたら、日程を決め仮押さえをしてください。
振り込み先をお教えしますので、当日までに振り込みをお願いします。
(振り込み費が別途に必要です。)

*このページの記事は必要に応じて加筆・修正します。


その他のご案内

音楽リテラシー(生)ワークショップ

「音楽リテラシー」はもともとは生身でやり取りするワークショップです。
コロナが収束したら、東京でのワークショップも再開したいと思っています。
音楽リテラシーワークショップについてもぜひ御覧ください。

utena.m.fの音楽プロセス体験

音楽を育むための大前提は、個人の感覚を大切にすること。
感じることと音楽を結ぶためになにをすればよいか、utena music field はそれを模索し続けています。音楽プロセス体験に基づいて、生まれてきた講座や勉強会をご紹介します。

動線に導かれる音楽体験
音楽を描く?

動画とワークブックで学ぶ
オンライン音楽ワークブック勉強会

utenaの東京ワークショップ
音楽プロセス体験ワークショップ