ワークショップを始めるときに読んでもらう文章

参加者の「体験」が大事だから

utena drawing (u.d)は音楽の動きを生き生きと捉えるためのドローイング、音楽のさまざまなが’見えて’きます。
まずはともかく触れて遊んでみてください!
あ、でも少しだけ待ってください。

ワークショップのときいつも皆さんと読んでいる文章があります。
これをまず読んでみてください。

ここは自分自身の感覚を育む場。
参加者さん自身の感覚や体験を、まずご自身が大切に扱っていただきたいからです。


下にPDFも用意しましたので、手にとってゆっくり読んでみることをおすすめします。
では、ここからです。

utena drawing の前に。


自分の耳と手の感覚をよく感じてください。
このワークは、音楽する、ということが、音楽と、描く人の感覚と、
内面で動いているものの共同作業となることが目的です。
見ているものにとらわれすぎると聞こえなくなることがあります。
そういう時はきくことや、筆記の感触などを確かめながら、ゆっくり進みましょう。


2             
うまく描けなくても大丈夫です。
綺麗に描くことの前に、自分の体感を大切にしましょう。


3     
人にはそれぞれ身体が持っているテンポ感や質感があります。
それがこのワークでは動線となって見えてきます。
穏やかであったり、さっそうと風のようであったり。
このワークではこれを受け入れたうえで、そこにどういろんな要素を取り込んでいくか、という風に捉えてください。


4       
描いているうちに 心地よさを感じることもあれば、
不快感や違和感を覚える時もあるかもしれません。
そのどちらも自分にとって大切な情報ですから、
閉じ込めないで口に出してみてかまいません。
 表に出していくことで、自分でも意識に登らせることができますし、
他の人も一緒にその先を考えることができます(体験の共有)。
そしてグループの場合、いま上がってきた声に対して、
他の人も、できるだけ正誤で捉えないで、一つの体験として尊重しましょう。



今まで身につけてきた 技術や知識・感覚などとは
異質の世界や感覚を体験するかも知れませんが、
それをむやみに否定せず、ありのまま受け入れるようにしてみてください。


6    
ワークの中で「多相」という言葉が出てくると思います。
一つのあり方を手放して、別の層をとらえることで、聴き方、描き方がかわります。やりながら慣れていきましょう。


PDFでダウンロードもできます。

avatar
たになか
では!
WSでお会いしましょう!

noteはこちらです。
note/谷中みか(utena.m.f)