音程が取れない・歌が這うようになって歌えない・楽器をやっていてピッチ感が悪いと言われるが自覚がない・音がとれなくはないが不安がある・行き当たりばったりでとっている・自分は音痴だと思っている・音程が不安なので歌うのが苦手・

という人にポイントをおいて、utena.m.fの講座を組んでみることにしました。
思い当たる方はぜひ参加してみてください。
utena.m.fでは、「感じることから学ぶ」「音と音の間の音楽」「理解と実感による音楽体験」を大切に育てていくことで、”受け身ではないその人の音楽”を育てていこう、という方針でレッスンをしています。
その中で受講した人たちと掴んできた手応えがあります。

この5回の受講で全く完全な音程感が得られる、というようなものではないと思います。でも、どんなふうにこれから音楽を自分の中で育てていったら音楽のたねが育つのか、そのヒントと手応えは得られるのではないか、と考えています。

あなたの音楽を育てるのは、あなたです。

その下支えになる知識と体験をこの講座で掴んでいただけたらと思っています。
*ボーカル以外、楽器に応用したい方は楽器を持参して参加、も可です。


音程が不安な人のための”音楽を描く”講座
7/1(月) 18:10-19:40
8/26 (月)18:10-19:40
9/24(火)18:10-19:40
10/14(月)18:10-19:40
11/4 (月)18:10-19:40 (以降は未定)
場所 スタジオ響(西武新宿線新井薬師前駅近く)
講座費 3000円
(会場費含む/当日封筒に名前と金額を書いて持ってきてください。)
*スケッチブックと五線紙と筆記具・ものさしを持ってきてください。
受講回数は自由です。申込みの際には、希望する日付をお忘れなく!
継続受講が効果的という判断で、7月から11月までは続けて開催します。
それ以降が未定なので、興味のある方はこの期間中にどうぞ!!

講座ではutena drawingという方法を使いながら、実感を育てたり、音程に関する基本的な理解もとりこんだりします。知識も即実践的なので、身につきやすいと思います。
また、実際に歌ったり演奏したりしながら、その時々の参加者の体感を主体に進めていきます。

音高・音程に関するutena drawingの関連記事

音程を体感する

心に音階を描く2(音程の不安定感からの気づき)

音階のリアリティ 音程が悪い、とか、うたが平坦になる

コメントなし

心に音階を描く1

音程が平坦になってしまう 中学3年生の男子。小さいと

コメントなし

3年生のスケールワーク

3年生が初めて取り組んだ 音高のワーク。 それはそれ

コメントなし