utena music fieldのこと

utenaは”萼”と書くと花のガク、
”台”と書けば見晴らしのいい高台を指します。

utena.m.fは、音楽する人の 道先案内人として・・・
 続きを読む


最近の投稿


2020,2月の東京講座(音楽を描く’音楽リテラシーなど)

次回のutenaの東京講座 2020 2/21-25感じることから学ぶ音楽を描く

ブルグミュラー/牧歌(パストラル)演奏付き

主和音というのは、その存在が大きく出るときと、安心した背景になるときとがあると思うのですが、これは後者。
草が爽やかな風に吹かれてさざめく、みたいな。
牧草ですね。お花じゃなくて。
細長い葉っぱが一斉に揺れる。
それが一小節内のひとかたまりになっている、4つの和音からイメージ喚起されます。最後の付点音符の長さの心地よさ。

七草粥を食べる前にうたううた

今日は、お正月から数えて、七草粥の日。 以前子どものワークショップのときに参加し

ねーずみねーずみどこいちゅ

腕をしゃくとりしながらうたうあそびです。 ねんちゅうの女の子が毎週小首をかしげて

ネットでも学べる 音楽を描く’講座のテキストの目次

テキストの必要性 次の東京行きまで、少し時間があるのでテキストを作っておこうと思

utenaのあそびうた1きこえてくるよ

きこえてくるよ 子どもの 「きく」という感覚にはたらきかけ、「耳を澄ます」ことを