自分の中の音楽を大切に育てる時代が来ると思う

ピアノに限らず、クラシックにかぎらず、「音楽」という消費活動に勢いがなくなっている、という話を耳にする。そこには、ネットで無料で音楽が配信されるシステムが定着していることなどの、流通の変化もあるだろうけれど、どこか、音楽…

続きを読む →

”沈める寺”と 息子と暮らした音楽の日び

ビュッシーのピアノ曲の「沈める寺」は描写力が素晴らしく、 湖の底深く沈む建造物が揺らめきながらほの明るく輝いているのが 目に浮かぶようだ。 名前が喚起するイメージの力もうまく連動して、 「おとをみる」ことと、「かたちをき…

続きを読む →