”沈める寺”と 息子と暮らした音楽の日び

ビュッシーのピアノ曲の「沈める寺」は描写力が素晴らしく、 湖の底深く沈む建造物が揺らめきながらほの明るく輝いているのが 目に浮かぶようだ。 名前が喚起するイメージの力もうまく連動して、 「おとをみる」ことと、「かたちをき…

続きを読む →