幼稚園・保育園児

 

幼児期は
急がずゆっくり、
音楽と親しむ心に語りかけます。

何か習い事を、とお考えなら是非感覚を豊かに育てる音楽を!

幼稚園・保育園児 のレッスン

 


  • 個人レッスン(毎週)
  • グループレッスン(月1回)
  • 個人レッスン+グループレッスン

(参加方法は自由です。)

 


 個人レッスン

毎週1回30分ほどです。

音楽とふれあうなかで、音楽するためのベースとなる「耳を傾ける習慣」や、きく力を育てます。
この習慣は、音楽だけでなく、日常にもきっと役に立つと思いますよ。

先生と一緒に手遊び
アルプスいちまんじゃく

先生と向き合ってわらべ唄や手遊び歌から始まります。

 

ピアノのレッスン実るまでに10年かかると言われます。

でも、そう気負わないで気楽に1年通ってみると良いと思いますよ。

ピアノを始めるかどうかはそれからで十分です。

でも1年はあきらめないで通ってみてください。

お子さんはきっと音楽に興味をもつようになるでしょう。

utenaの幼稚園・保育児さんのレッスンは最初はピアノを弾きません。

種をまくための土壌作り、音楽と親しむ心に語りかけます。


レッスンに通うようになって、背中がしっかりとして正座ができるようになった、うたをよく歌うようになった、など嬉しい感想を頂いています。希望があれば、生徒の様子を見ながら一番よい時期にピアノをはじめます。また小学校になってピアノを始めた時、内面に音楽が育っているので無理なく進むことができます。


 

グループレッスン

毎月1回です。1時間以内

年少・年中・年長さんの成長段階に合わせて「ひよこさん」「すずめさん」「つばめさん」のクラスを設定準備中です。

ひよこさんは親子レッスン。
わらべうたを中心に親子で楽しむ 音楽コースです。

すずめさんとつばめさんは 子どもたちだけでの参加です。
すずめさんからつばめさんにかけて、徐々に音楽への興味へと繋がるあそびに深めていきます。

各コース 4名までの募集。

6月に新しい教室を開きたいと思います。
体験レッスン・予約受け付け中

いつでもお気軽にお電話ください。

丸座になってわらべ唄
発表会でもわらべうた

 


講師から

この時期に大切なのは、

音楽との良い出会いをすること、良い思い出をたくさん持つこと。

そのために一番に子どもと育みたいと願うのは「きく」「ききながら内的にうごいていく」ということなのです。

一般的には「弾ける、大きな声で歌える、音を言い当てられる」
ということが良いことと思われがちですが、
もっと内的な感性はそれぞれの人の中にあって、
そこと音楽とがフィットしていくというのは、
とても地道で繊細な作業なのです。

この時期の子どもたちが必要としていることは「弾ける」ことではなく、
愛情を持って、音楽、ひいては世界と触れ合っていくための
、環境であり、大人の姿勢であると私は考えています。


ふくろう笛
七曜工房さん特注の笛
森のこびとさんのボール
森のこびとさんのボール
utenamsue.mimoza
お子さんとのびのびスケッチ

楽器や道具、使用楽曲について

年齢に合ったわらべ唄、手遊び歌を主に使います。

それだけでなく西洋の子ども向けの歌や、

目的にあわせたオリジナルの歌もあります。

それぞれの年齢にフィットし、
自分でできる、自分で歌えるものを使いながら、
将来日本の持つ味わいと、
西洋音楽の持つ構築性や美しさへの理解につながるように、
うたはよく吟味して選んでいます。

楽器は素朴ながら職人さんの手による笛や、
直接肌でその重みを感じるフェルトのボール、
シルクの布や、竹で編んだ鈴いりのボールなど、
できるだけ実質感のあるものを使うようにしています。


 

体験レッスン無料。

電話OKです。お気軽にどうぞ。

090−2899−5702(谷中)

うてな音楽教室は 川内インター近くです。
松山市・砥部町・松前町・伊予市などからも通学可能です。

アクセス方法と地図

料金と約束