台(うてな)のこと

台(うてな)・小さな音楽教室から 提案したいこと

ヒメコブシ

utena とは・・・

萼と書くと花のガクのこと
台と書くと見晴らしの良い場所のこと

utena music fieldは
音楽する人の下支えになりたいという思いから
つけられました。

音楽する人が・・大人でも、子どもでも・・見晴らしよく学ぶ事ができ、安定した基礎の先に「自分の音楽」という花や実を結ぶことを願って、このfield/場所では、私も日々、皆さんと一緒に学びつつ、ゆっくりと歩んでいます。

 


自分の音楽を欲することの幸せと苦労とともに

古くギリシャ時代、音楽は学問であり、治療でした。

そして、音楽は人が生み出すものではなく、宇宙にあまねく存在するものでした。
その宇宙のひとしずくを、私たちはいま、西洋の記譜法と演奏によって身近なものとして親しんでいるのです。
また、ギリシャの考え方では音楽は私達の身体の外側にあるものではなく、身体そのものが音楽とかんがえられていました。だとしたら、私たちは自分の内側にはそれぞれに音楽という宇宙を持っている、ということなのではないでしょうか。
そのひとりひとりの身体の音楽が育つのを大切にできないだろうか。
そして、それを西洋の叡智としての音楽と具体的につなげていくにはどうしたらいいだろうか。
それが、utena music fieldの発想の原点です。
yohane西洋の・・といってもクラシックだけではありません。今のポップスもジャズもロックも、ベースにあるのは西洋の音楽体系です。

また、日本の本来持っている繊細で細やかな感性も、身体という受け皿によって、西洋の音楽と融合していくこともできると思います。

台(うてな)メソッド
音楽のプロセスと個人の体験を結ぶ実践的な方法

 

utena music fieldでは、西洋音楽をベースとしながらも、ジャンルに縛られない広い視点をもって音楽を捉え、決められたマニュアルに従えない各々の感覚を考慮に入れながら、どうすれば音楽が人ともっと親しい存在となり、支えとなるか、ということを考え続けていきたいと思っています。

そうした試行錯誤の過程、それが各レッスンです。
いつも完成されず、いつも何かが生まれる場です。

今すぐできるかどうか、という短い結果だけを追いかけるのではなく、この体験することの密度を感じてみませんか?
体験の濃さの積み上げから、その人の演奏も実るのだと思いますし、そのように関わりたいと考えています。

そうした経験と試行錯誤の中からうまれた、理念と方法を

台のメソッドとして構築してきました。

自分の音楽を求める、ということは、時々は苦しい思いまありますが、その苦しさも自分のもとにいつか喜びとして昇華されます。それは、立派な演奏と比べるとささやかであるかもしれませんが、かけがえの無いものなのです。子どもたちもそれに気づくことができたら、うまいか下手か、という判断を捨て、みずからピアノの前に座るようになります。

音楽する幸せと苦しさを一生のものとすること。 その素晴らしい人生の深みを多くの人に体験していただきたいと願います。


レッスンの種類

おやこおとあそび

子どもの成長段階にあわせた音楽レッスンとして0才から「おやこおとあそび」があります。お母さんと一緒にゆるりとくつろぎながら、自然に入ってくるおかあさんの声、人の声のトーンなどに囲まれて、よい時間が過ごせたらと始まったものです。 あかちゃん
「うてな音楽教室」
愛媛の音楽教室です。
IMG_4941子どもの成長段階を考慮し、幼児期小学校低学年は「弾ける」ことを目的とせず、じっくりと体感と聴覚に向き合います。音楽もまた、できるだけシンプルなものから、成長に合わせて子どもと一緒に育っていくように教材を選んでいます。また、低学年では、楽器を媒体としない音楽そのものを学ぶ「音楽ワークショップ」があります。

小学校高学年は自発的に練習するようになってきます。この時期にうんとレパートリーが広がってくるのがこの教室の特徴だと思います。そして思春期には思春期にふさわしい楽曲を自分で選び、自分のものとして身につけていくように、という目標を持っています。うてなおんがく教室の中には、個々に関わる個人レッスンとより豊かでグローバルな感覚に触れるグループレッスンがあります。
中学生になると、クラシックをメインにレッスンする方向と、コードを自由に操り、ポップスなどの演奏を愉しむ方向と両方に対応できますので、生徒は忙しさや自分の気持ちによってその両方を自由に選んで学ぶことができるようになっています。また、大人向けのピアノのレッスンもお受けします。初心者から、本格レッスン希望の方まで。また音楽体験講座は、小学校4年生から大人まで参加できます。少し新しい視点で音楽を捉える場として春から始まります。
音楽を描く
8b大人向け音楽講座。動線を描きながら自分の体感と音楽の結びつきを模索していきます。東京と愛媛で受けることができます。個人レッスンとグループ・ワークがあり、より深く学ぶための「基礎集中コース」「研究コース」へとすすめることもできます。
また、体験を大切にしながら楽譜に親しむ「使える楽典講座」もあります。

 

 


プロフィール写真講師紹介(谷中美香)
四国、愛媛の山奥に生まれる。
ピアノを習い始めたのは、5才ころ。通う目的はバス旅と駄菓子屋と、教室の漫画本。
音楽に目覚めたのは中学校の合唱部の先生や、仲間たちの影響。
大阪音楽大学短期ピアノ科入学。山田みつ氏に支持。
卒業後、企業のピアノ教室に務めるが、大いに疑問をもつ。
結婚後、二人の子育てをしながら、芸術療法、オイリュトミーなど学ぶ。大学の講義も受けた。哲学、心理学、芸術療法概論、箱庭療法、発達心理学
その傍らで、我が子の同級生などのお母さんから声をかけてもらい、借家の4畳半の畳のへやにグランドピアノで、ほそぼそとピアノを教え始める。生徒は、自然と増えていったが、子育ても、音楽教育もいっこうにうまくいかず、なれもせず、七転八倒。
教室をしながらなにを教えるべきか、そもそも自分になにがあるか、悶々とする中で、画用紙に音楽の要素を描くことで生徒と音楽的コミュニケーションをとる、という方法を思いつき、以来、これの研究を始める。それによって、子どもたちがなにか大切なものを掴んでいくのを実感。私自身にとっても音楽を深まるきっかけとなり、大人にも有用だとおもっていたなか、2014年11月、アレキサンダーテクニークの指導者、棚橋和子氏との出会いをきっかけに思い立ち、東京で「音楽を平面に描く」と「こどもおとあそび」のワークショップをひらくこととなる。それから、東温市の教室 と東京ワークの二足のわらじ。「体験」を大切に育てる、という一貫した理念を確立するために、一連の活動を「音楽プロセス体験」と名付けた。

ハンドルネームは “いととはり”(ito_tohari)
mika taninaka のピアノ演奏
リンク/棚橋和子 フルートアレキサンダーテクニーク教室

 



これまでの活動(2013から)

2015
東京・「音楽を平面に描く」発展プログラム(グループ・ワークと講義と個人レッスンのセット✕5)
「音楽を平面に描く」「音楽プロセス体験」の名前がつく
ストリートアカデミー 「初めての音楽スケッチ」ワークショップ
東京 ・全6回 音楽スケッチグループ・ワーク
2014 2014
東京 ・「リズムを捉えるためのスケッチ」で初めての大人向けグループワークショップ
東京・年長さんのグループ・ワークショップ 全6回始まる
2013 2013
愛媛・生涯学習センター おやこおとあそび 愛媛・生涯学習センター おやこおとあそび

(2013以前の活動)

愛媛音楽支援会主催 ピアノ・コンサート出演
東温市や宇和島市(津島町)などでの小規模なコンサートをいくつか
東温市子育て支援主催 おとあそび
東温市西谷小学校100周年記念事業で竹の楽器「トンガトン」を使って全校生徒とワークショップ/演奏
2000年東温市に自宅を構えるときに、教室の名前を「うてな」と決めて本格的に自営音楽教室スタート