音楽教室の先生と生徒たちに

音楽教室の先生たちへ

一緒に学んでみませんか?

教室のレッスンに活かすために、そして何より自分自身の新しい音楽への入り口を開けるために、私達と一緒に「音楽を描く講座」とその根本にある 「音楽のプロセスと個人の体験を結ぶ実践法」を学んでみませんか?

拍のスケッチ

nijionnpu

フレーズ感

 

例えば、簡単に演奏できてしまって体験が後回しになってしまいがちな生徒さんに、スケッチワークはシンプルに音と触れ合う喜びをもたらしてくれます。

また、あまり音楽になじまない生徒も楽しくリズム感や音程感を培ってくれます。この子は音楽に向かない、などと考えるのはつらいと感じる先生には、そういう子たちを音楽に導くために、きっと頼もしい道具になってくれると思います。

また、学習の癖がある、こだわりが強いなど、独特な個性を持った生徒へのアプローチ法として、長期的に気長に取り組めばもとても有効なものと考えています。(ただし、生徒へのアプローチには、少し専門的な知識と忍耐と子どもへの理解が必要です。)

そしてなにより、スケッチワークを使った子どもたちとの音楽交流は、そのまま、先生の音楽性を養う力として先生自身を育ててくれます。
私自身が、そうでした。子どもたちとスケッチする中で生まれてきた音楽体験が私を大きく変えてくれ、「音楽プロセス体験」という概念をもたらしてくれたのです。これは生徒たちがいなければ決してできなかったことと考えています。

さらに、このワークを通して、音楽理解、自分への理解、生徒への理解、それらを深めるために、「基礎集中講座」もあります。

小さな個人経営のレッスン室だからこそ、できることを一緒に模索しませんか?

これまでの講座にも音楽教室の先生の参加は多く、それぞれの教室で役立てていただいてます。

もし、音楽教室の先生などが
やってみたい、と思われたなら

とにかくやってみてください。*(^ ^)*
このホーム・ページをご覧になって、何か役だちそうだと思ったら、是非気軽にやってみてください。新しい発見があると思います。
そして、壁にもぶつかると思います。そのときが本当に この方法に出会う時です。

「音楽を描く」という方法は、音楽を伝えあう、新しい”ことば”です。まずは自分でこのことばを使えるようにしなければなりません。うまくいかないのは、自分のことばになっていないからです。そこを超えても使ってみたい、という思いがあればきっと、誰よりも自分自身の音楽生活のために、このことばは役立ってくれると思います。
やってみてわからないことがあれば、ご連絡ください。
ご相談に乗ります。連絡は「問い合わせ」からどうぞ。

リンクも歓迎です。

utena music fieldは、音楽を知識・技能・音感の習得からによってではなく、理解と体験から音楽へいざなうことをその趣旨として、レッスンをしています。

それは、実現可能なのです。先生にとっても何も難しいことではありません。生徒さん達と一緒に楽しみながら深めていければいいのですから。
そのことをたくさんの音楽教室の先生方に知っていただきたいと考えています。

真摯にレッスンを続けておられる 小さな個人経営のピアノ教室・音楽教室の先生たちにとってこのワークがより、見通しの明るいものになることは、utena music fieldの喜びですし、使命でもあると考えています。

ただし、大切に扱っていただきたいことがあります。
最後まで読んでくださいね。

生徒さんに接するときには・・
やってみる前に、幾つか留意点がありますので、以下を読んでご理解いただくことを、お願いします。

1、大切なのは常に描く人の体験であり、体験の変化であること 

2、遊びから入って、その生き生きとした感情を持ちながら、形の美しさと音楽の協動を目指すこと。

3、正解についての二つの見方があること。一つには描いたものは体験であるゆえに既に正解である、という面と音楽とフォルムの整合性があるということ。そしてこの二つの正解がかさなるときに体験が実を結ぶということ。指導者のもとに正解を決め込んでしまうと、先が続きません。

レッスンを開始するときは常に生徒自身が音楽を体験できることを最も重要なことと考えます。
そして、最終目標とするものは、生徒本人が西洋音楽を精神的にも、構造的にも理解し、本人の身体の範囲の中で十分に味わい楽しみ、そして他者と音楽を共有する喜びを生き生きと感じられるようにすることです。
「音楽を平面に描く」は、その主旨にかなうレッスンの一助となるように考案されたもので、生徒の力を無理にのばすものでも、お遊びで終始するものでもありません。

指導者は
「囚われのない目で描かれたものを受け入れる」
ことと
「フォルムの美しさの所以」

について熟慮することが必要となってきます。そしてこの二つは描きはじめた生徒の中では、まだ、一つにはなっていません。矛盾を抱えているのです。この二つを、遊びの中で何度も繰り返し、生徒とともに指導者も生徒の体験を共有し、繰り返しの中で徐々に「音楽を平面に描く」として本来の体験へと導いていきます。

ご理解とご配慮をお願いします!

それからもうひとつ、大切なお願いです。

これは、utena music fieldの営業と、「質の低下を防ぐ」という大切なことに関わるものです。

ブログなどでの紹介、歓迎です。
ただし、その際には当HPのリンクを貼ってこのワークの出どころを明確にしておいてください。
その際、ご一報いただけると、嬉しいです。

初めてでも結構効果があります。
でも、このワークは懐の深いものを持っています。
そして、それを深く学ぼうと集まっている人たちもいます。
そのことを考慮していただきたいのです。
やってみて、更に学びたいと思ったら、是非 ご参加を!(^v^)/

無料のニュースレターをお届けします。

ニュースレター案内


うてな音楽教室での様子

ピアノの音が点になるとき

おなじみのメリーさんの羊 何度描いても 飽きないのです。 子どもより楽しみすぎないのが私の注意点。 メリーさんのひつじ。 ピアノを始めたばかりの生徒は、よく音が点、点、という感じになりますね。 昔は、こんな風に諭していた…

コメントなし
ブルグミュラー25の練習曲より17番おしゃべり娘

ブルグミュラー 17番おしゃべりさん

ブルグミュラー 25の練習曲 17番おしゃべりさん (La babillarde 音友版では おしゃべり娘) 3/8拍子 ヘ長調(F Dur) わりと拍子の取りにくい曲で、だいたい拍子は無視で勢いで弾いてしまいがちな曲で…

コメントなし
hanon/piano

ハノン・ピアノ教本を生きた音楽につなぐ

無味乾燥になりがちなメカニック練習ですが、それを、機械的な訓練としてではなく、有機的な音楽の流れの中で、習得していくことは大事なことと思っています。

コメントなし