楽器とジャンル

ジャンル

五線紙にのせる事ができるものなら、何でもOK

「音楽を描く・ワークショップ」の基盤はクラシック音楽ですが、応用がきくのがこのワークの特徴です。

楽曲の中でどんなことが起こっているか、ということや、自分の感覚の基礎を広げる、ということがテーマになってきます。

これまで扱ってきたジャンル *クラシック・ポップス・ロック・ジャズ・邦楽(近代)

音大などで専門的に学んだ方も、この新しいアプローチの方法は自分を振り返る良い機会となるでしょう。

特別な音楽歴がありません、という人も

大丈夫です。 楽譜が読めなくてもワークはできます。グループ・ワークでは実感を確かめながらゆっくり進んでいきます。ほかの人の足手まといになるのでは?という心配もいりません。心配なら個人レッスンから初めてみるといいかもしれません。なんとなく始めた方が縦笛を始めた、という例もあります。


楽器について

これまで 受けていただいた方の楽器(個人レッスン)

ピアノ

piano

フルート

hrute

ドラム

drum

ボーカル

vocal

舞踏(オイリュトミー)

dance

ハープ

Kerutohapu

尺八

syakuhati

ソプラノリコーダー

Recorder

クラリネット

Clarinet

 

音楽を描くに戻る

講座案内を読む