例えばこんなことをします

「音楽を描く」という手法には、いろんなアプローチの方法や、感じ方、見方がありますが、
ここではその幾つかを紹介します。
実際にやってみないとなかなか伝わらないのがこのワークなのですが、
少しでもそこにあらわれるものが伝わるといいなと思います。

きくと動くの連動
きくと動くの連動

きく

普段私達はどんなふうに音を捉えているのでしょうか?
きいているもの、聴いていると思い込んでいるもの、
きっと意外な発見がこのワークにはあると思います。
音を慈しみ、
ともに生きるための「音楽を平面に描く」。
その基礎中の基礎が、
「きく」という習慣に分け入っていくこの作業なのです。
拍をきく、音高をきく、音色をきく、経過をきく、

きく、といっても様々な深さがあることを、

再認識することができます。


 

拍と拍節感・リズム感

「リズム音痴」で・・というお話をよく伺います。

でも、
人間の生命もリズムをもっているのですから、
私達は皆、生きたタクトをもっているのです。
自分を見失わないようにスケッチによって
無理なく丁寧に音を拾う習慣をつけましょう。
リズム感がないというのは、
つい息を止めてしまうように、音楽時間を止めてしまう癖が原因ですから、
動線にそって体験も動かしていくのです。

受講者のスケッチ


 

tokyo

音楽の流れをつかむ

演奏が流れよくつながらない、という時、その曲のもっている流れの繰り返しを探してみます。

そしてそれを紙に描き出してみます。

最初はどこか違和感があるかもしれません。

そうしたら描くフォルムのほうをどんどん変化させていってみるのです。


音楽と対話する

音楽の諸要素が全体性の中でどのように生きてくるか、
それを「私」はどう受け止めるのか。
豊かさの中から自分が選びとって線を描く、
という仕草は、理解と、柔軟性と、意志が必要になってきます。
「音楽を平面に描く」で体験することは、

演奏に反映していきます。

時には即効で、時には時間の経過の助けを借りながら。

hakutyou


 

 

音楽を描く に戻る

次の記事 理論と背景