音楽を描く’初めての受講

初めて音楽を描くレッスン
を受ける方法は、

音楽を描く講座(90分)

個人レッスン(60分)


のどちらかになります。
ご自身にあった方法でかまいません。
両方を受講するのもおすすめです。

音楽を描く’講座/レッスンはクレヨンや色鉛筆でのドローイングで自分の感じること(感覚)を引き出し、聴覚と関連付け、音楽の要素に触れ、紐解いていきます。

初めての講座(レッスン)ではこんなことをします。

  • ウォーミングアップ::この講座で扱っている、音から音への質を感じられるあそびを
    ちょっとやってみます。ずいずいずっころばしや子ども用のスケッチワークなど。

 

  • クレヨン・画用紙と仲良くなる。::
    扱い慣れていないとクレヨンを持つ手も緊張しますね。
    リラックスして画用紙に向かい、
    自分の描くペースや、人と必ずしも同じでなくて構わない、
    ということを肌で感じてみてください。
    いろんな感覚を総動員して、共感覚を味わってみるも良し。

 

てきとうに 思いついたように描いてみる
  • 基本のスケッチ:
    音楽プロセス体験の基本となり、
    きく、ことの新しい気付きを促す基本のスケッチがあります。
    そのなかから、その日のテーマに沿ったものを描きます。
    描きながら、自分の内外を確かめる作業です。

 

できた動線を見ながら、ディスカッション。なにを感じているか、が大事。

 

  • メロディやリズムなどのワークに踏み込んでいきます。
    入門講座では曲を一つ決めて、流れを掴むオスティナートのスケッチや、リズムスケッチなど簡単なものからはじめます。音楽の持っている時間の流れや、響きの世界を体験します。個人レッスンでは、受講者の意向や興味の度合いにおおじて、臨機応変に。

 

見えてきたフォルムをももう一度なぞってみる。

 

  • 講座はグループワークで90分 個人レッスンは60分
    講座費は3000円。(会場費含む)
    個人レッスンも初回は3000円です。

音楽との一致を感じた時に腑に落ちる感覚、自分の癖、リズムやメロディの体感とともにうまれる理解。もし初めて受講してみて手応えを感じたならば是非、継続して通ってみてください。音楽を掘り下げていく力の手助けになっていことと思います。自分にあった方法を選んでください。

1,音楽を描く講座を継続して受ける。

音楽を描く講座は連続して受講していただけます。内容は上のような感じですが、毎回、メニューを変えてやっていますので、楽しくゆっくり理解を育てていくことができると思います。講座費も低価格に抑えてありますので、気軽に気長に続けてみてください。

音楽を描く’講座(90分)の受講方法を読む

2,個人レッスンを受ける

個人レッスンは描く初めての受講としての1回目以外は1時間5000円です。自分と音楽の関係をゼロから見つめ直し、出会いなおす良い機会となると思います。また、リズム感をつける、音程を安定させる、などグループワークではできない、自分のテーマに沿った内容の レッスンを受けることが可能です。専門の楽器などをお持ちの方は、ご持参ください。日々の練習にいかせるように、ディスカッションしながら、方向をさだめていきます。
個人レッスンの受け方を読む

 3,一日集中コースと発展プログラム

さらに本格的なワークショップ  「一日集中コース」と集中講座を6回で全行程になる「発展プログラムコース」があります。基礎を重ねながら、セオリーや対話、グループワークなどと並行して個人レッスンで音楽の角層へのアプローチを試みます。東京へ赴くのが大変な遠方の方にもおすすめです。一日で、集中して取り組むことができます。
このワークは、本格的な音楽の講座ですが、音楽のためだけのワークではありません。音楽関係のお仕事をされている方や演奏をされる方のみならず、異業種の方にもぜひにチャレンジして頂いて、音楽以外の分野にも生かしてみてください。

ニュースレターのご案内

ご登録頂いただきましたら、
講座案内、1人でやってみるちょっとしたポイント、ブログ記事、などがメールアドレスに届きます。

news letter