音楽を学ぶことと療法とのあいだ〜アンカヴァーリング・ザ・ボイスと 「音楽を描く」

浮遊したあこがれ 時間軸の中に生きている音楽にじかに触れるようなつもりで、 クレヨンや色鉛筆で動線を描く、という私がやっているワーク。 それは、個々人の体験を大切にし、きく、ということを通して、 感覚の広がりや深まりへの…

続きを読む →

きかないのではなく、それをまだ知らない、ということ

音楽を描く というのは、描くことが目的ではなくそこで体験していく実感の経過を追っていくものです。その中で重要なことと捉えられているのは、どんな風にきいているか、どんなふうに 音や音楽と関わっているか、ということ。 やっと…

続きを読む →

違和感を伝える 受け取る・・5月の東京日誌・2017

講座にしても個人レッスンにしても、大体いつも計画していたものや、伝えようと思っていることは不備だらけ。そこに出会う人がいて、生身で受け取る様子を見たり、発せられることばに対して軌道修正していくことで初めて成り立つ このワ…

続きを読む →

かんじること(音楽を描く’入門講座4月愛媛報告)

庭の小道

先日行った入門講座のことなど。 写真をとるのを忘れたので、文字だけにて。 仕方ないので、下の写真はいま私がいる、 庭先につくった即席書斎。 トップの写真の階段登ったところにおります。 ・・・・ただ、いつも思うのは写真でど…

続きを読む →