音楽を学ぶことと療法とのあいだ〜アンカヴァーリング・ザ・ボイスと 「音楽を描く」

浮遊したあこがれ 時間軸の中に生きている音楽にじかに触れるようなつもりで、 クレヨンや色鉛筆で動線を描く、という私がやっているワーク。 それは、個々人の体験を大切にし、きく、ということを通して、 感覚の広がりや深まりへの…

続きを読む →

きかないのではなく、それをまだ知らない、ということ

音楽を描く というのは、描くことが目的ではなくそこで体験していく実感の経過を追っていくものです。その中で重要なことと捉えられているのは、どんな風にきいているか、どんなふうに 音や音楽と関わっているか、ということ。 やっと…

続きを読む →