バイエル49番 3拍子の曲を流れよく

beyer49

バイエルの49番(佐々木ピアノ教則本では85番・原曲の一オクターブ下で表記しています。)のこの3拍子の曲は、4小節1単位 で、その中の前半2小節と後半1小節は観音開きのように対になっています。その繰り返しの流れをつかむス…

続きを読む →

ショパンのエチュード作品10−6の内声のゆらぎ

chopin10-6

ショパンの12の練習曲集作品10の6番は、物静かで鬱々としたメロディでありながら、ふつふつと湧いてくるなにかがそのメロディの奥でうずく。それが、この曲の内声部の絶え間なくゆらぐ16分音符のながれ。 高機能自閉の青年のレッ…

続きを読む →