生徒の演奏が落ち着いてくる 拍のワークと連弾

うちの教室では、最近、耳コピで聞いた曲を弾いてみる子たちが何人かいます。自分から鍵盤を探して弾くっていうのは、いいですねー。その積極性と、耳の良さは、きっと将来音楽と仲良しになるのによい種になると思います。最近の子たちの…

続きを読む →

きかないのではなく、それをまだ知らない、ということ

音楽を描く というのは、描くことが目的ではなくそこで体験していく実感の経過を追っていくものです。その中で重要なことと捉えられているのは、どんな風にきいているか、どんなふうに 音や音楽と関わっているか、ということ。 やっと…

続きを読む →