東京での講座は明日の今年最後の発展プログラムを残すだけ。

準備もだいたい済んだところ。

喫茶店にて、ラベンダーティー飲みながらぴこぴこ。

写真は大塚駅の朝の駅前。

朝日とまだ光を灯している街灯と

切り詰めた銀杏の散りそびれた葉っぱと、

今季初めての個人レッスンに向かう私の

ワクワクが写り込んでる気がする。

個人レッスンはそれぞれに

自分のテーマが見えてきてるような気がしてる。

この音楽を描く、という方法は

人と人、音楽と人を結ぶツールなので、

これを使って、やり取りをしていく。

ということは、

そもそもやり取りしていく中身がなければ使えないツール、

ということでもある。

本当に試されるのはこれからだな。

各々のテーマにどれだけ応えていけるか、

ああ、そんな風に気負っちゃいかんな、

各々のテーマに、どれだけ良い情報を提供できるか、

問いを解くのは

私じゃないからな。

そのひとがそこで問いを開いて

生み出していく音楽を眺めるのが

本当にたのしみ。