体験を補修していくツールとしての楽器演奏や理論や「描く」ということ

大人のレッスン、表向きは、
楽器演奏や音楽理論、
そして動線を使った音楽と体験理解の「音楽を描く」、
の3種類になっています。

でも、実際には、ピアノのレッスンでも、必要となれば楽曲練習を一切やめて音楽理論をすることもありますし、音楽を描く、が楽しそう、と言って始めた人が歌や笛をもって、いつのまにか練習に励んでいる、ということもあります。

そして、楽器を学びに来て、音楽を描くことから掘り下げていってみたい、という人も。

大事なのは、その人と音楽が、今よりもっと仲良くなっていくことだけ、で、その方法はどれになったっていいんだと思います。その時その時に補っていく必要があるものが、演奏することだったり、自分の声で歌ってみることだったり、理論を体験的に取り入れることだったり、描くで体験を深めることだったり。

それはその時々のその人の気づきに伴っているようで、なにか今満たされていない要件を埋めたいという欲求が、次のレッスンを決めていく。

だから、レッスンは楽器をやったり、動線を描いたり、理論やったり、で一見一貫性がないようにも思われるかもしれません。そんななかで 筋を通しているのが、「対話」なのじゃないかな、と思います。

私がその人のプロセスを追うことができるのも、その人が自分のプロセスから次の選択をするために情報を集めるのも、対話を繰り返すことによって。

だから、もしかしたら、対話は最重要なツールかも。

いや、もしかしたらじゃなくて、受講者と私との距離を埋めていくためには、いつのときも見失ってはいけないのが対話。きょうはそれを再認識させて頂いたのが昨日のレッスンでした。

対話と動線がつないでいくもの

描きながら、ふと気づいたことや、思いついたことなんかを口にだしてみてもらう。

そうすると絡まった糸が絡まっている、ってことにまず気づくし、自分がどこに焦点を持っていたかも共有できる。

そして、糸がほぐれていくように、連鎖的にいろんなものが湧いてくるみたい。

それは、描くという行為が一つにはアウトプットなので、そこから自分自身にみえてくるものがある、ということと、そもそも動線を描く、ということが無意識に揺さぶりをかけてもいるのだろうとおもう。

糸は絡まっているけれども、その一本だって、ムダで切り落とす糸なんかはない。
少なくとも、傍観者である私がそれをしていいはずがない。
そこが私の技術でもある、と思っている。いかに切るかではなく、いかにときほぐすための手を貸せるか。
音楽をその中で伝えていけるか。

大事なのはその人の能動性が動き始めること。簡単なことじゃない、といつも思う。

「喋ってばかりでごめん。」とおっしゃるので、

いやいや、それもアプトプットだから。口に出して初めて気がつくことだってあるから。

とお答えする。

正解ではなく、何かを否定するのでもなく、受講者が気づいて口に出したその一つのことが、どこへつながっていくのかを、その人が捉えられるための情報をいかに伝えるか。

きれいに描けることが目的なのではなく、描いてくプロセスで何を体験するのか、

なおかつ、音楽としての普遍的なところ、人と本来共有可能なところをそうやって本当にそこで共有していくか。

ただ、描くというワークは、体験に直接関わるから、諸刃の刃、体験そのものを強制することだってできる。
そうなると本末転倒。
感じたものを口に出してもらうのは、それを回避するためでもある。
嫌だ、わからない、抵抗がある、なんとなく違和感。
それは自分の側からの大切な情報で、それは伝えなければ伝わらない。
そこは対話を通して鍛えてもらう。それは私も試されるということでもある。

個と普遍の間にはいつも葛藤がある、そうなってくると、これも、決して楽しいだけの作業ではない。

それは描いているだけでは何も伝わらないし、その人もアクティブに自分の中を探してかなきゃいけない。

だから、対話は大事で、やっていることの具体的なやりとりは言葉以外にはありえない。

今日は、きっとよいレッスンができた。

問いをもち、そこから押し広げていくことの意味を共有できたと思う。

対話のための多層性

音楽を描くの理論の中で繰り返し出てくる、多層性、という話。

それは、対話を紡ぐときにも同じ感覚が必要になってくると思ってる。

というか、多分、対話というものにとっての実質である、密度や質、余白や、待つこと、きくこと、それらを私自身育てられたのは、この音楽を描く、というワークを通してではなかったか。

対話をしながら、私も描く。その人の言葉を心のクレヨンで。一方で音楽の成り立ちを。

まだまだ、描ききれていないもの。まだ、出会っていないもの。見過ごしているもの、見通せていないもの。

情報は無数に散らばり、気づかれることを待っている。

対話(ダイヤログ)の関連記事
暗闇の中の対話 ダイヤログ・イン・ザ・ダーク