音楽は生きもののように鼓動をもっている、
そのありようが4/4などの数字

音楽は 生きもののように、鼓動を持っています。

地球も鼓動をもっています。
朝が来て、夜が来て。
夏が来て、冬が来て・・・
波が寄せては返して・・・

植物もこれに応じて、成長を繰り返します。
植物は、また、節から節へと同じ単位を繰り返しながら成長しています。
人間もこれに連動して、朝おきて、夜寝て。
人間もまた鼓動を持っていて脈拍をもっています。呼吸を繰り返しています。
ご飯を食べて消化・排泄しまた食べて・・これも繰り返し。

意識せずとも、人が一定のサイクルを繰り返しながら生きているように、その雛形のように、音楽も鼓動を持っています。

かつては、音楽にはアルシス(飛翔)とテーシス(休息)の繰り返しが大事、と書物にしたためられていました。
当時(中世)は規定化されたものというよりも、思想的なものであったのかもしれませんが、拍子や小節線などない時代にも、そうした音楽の呼吸は語られていたのです。
楽曲により、民族により、音楽の呼吸はそれぞれです。それを現代の楽曲では 「何分の何」で表します。上の写真です。これは 4分の4拍子。

この下の4と、上の4は何を表しているのでしょうか?答えられなくても大丈夫!これをいろんな人に聞いてみると、案外、みなさん、いい加減なお答えが帰ってきますので、あなただけじゃあない。ひるむことなく、音楽理論の森へ分け入っていきましょう。

 

上の4は 「拍子」というくくり

上の数字が、「4拍子 」「3拍子」とかいうやつです。生徒にも繰り返し、なん拍子?って尋ねるのですが、度々まちがっておぼえて下の数字を言っちゃいます。まあ、4/4は上も下も一緒ですが3/4だとバレバレです。紛らわしいんですよねー。拍子(拍節)は上です、上。
てか、なんで、数字2つ重なってるの?って頭こんがらがる。・・・下の数字は後で説明します。とりあえず、今回は上の数字。

上の4、つまり4拍子ってのはなにか。

それは、一拍が4回、4拍で ワンサイクル そしてまた 次の4拍で一巡り、これを繰り返すことです。

図にしたほうがわかるかな・・

拍子のくくり

数字でいうなら
1234123412341234・・・・

この1234で 一つの単位となり、 拍節 と呼びます。これは 楽譜の一小節に当たります。

3拍子なら
123123123123 ですね。

現代のポップスはそのほとんどが4拍子です。99%って言ってもいいくらい。なんでだろうね。せっかくある拍子のバリエーションが4拍子に統一されちゃってるのは、もったいないな~と思います。

この拍子感を出すために、一般的に 1拍めを強くして、あとを弱くする、なんて 説明されてますが、そしてそれはそうなのですが、それはいろいろあっての作用でそうなっているので、その結果だけをただ鵜呑みにしちゃうとリズム感悪くなります。なんていうか、ベタで立体感のない拍子感になっちゃいます。強くしようと思って固くなったり、逆に出遅れたり、メロディラインとのバランスを失ったり、数に囚われたり・・拍子は音楽のとっても生きものらしいところなんですね。生きものとして扱うと、もっと馴染みやすく、文字通り呼吸し始めます。そのくらい、拍子って大事です。

また、拍子は、時間軸に沿って生まれる拍と違って、ちょっと時間を俯瞰して捉えるようなところがあります。4というくくりが、つねに現れてくるっていのは、そういうことなんですね。

そうした、有機的、数学的ないきた拍子感が自分の中に生まれてくると、同じ4分の4拍子でも、楽曲によって実に様々な表情を持っていることに気がついてくるでしょう。

さて、こんどは 4分の4拍子の 分母のほう、後日につづきます。

まとめと参考

「4分の4拍子」は、音楽の脈拍や呼吸のような、繰り返しの様子を表している。
その上の4は 「拍子」のことで一つの単位が「1小節」にあたる。

音楽の友社の「楽典ー理論と実習」では、こんなふうに書いてあります。

楽曲を記譜する際、はじめの部分(音部記号および調号の右隣)に、「その曲が何拍子であるか」ということと「どの音符を1拍に定めたか」というふたつの事項を分数のような形で示す。これを拍子記号という。

拍子記号!そうだったか。そんな名前だったか。

音楽の友社 「音楽形式 音楽概論」國安 愛子著(私の愛読書)では、なぜか拍子記号の記述がない。拍子については

拍子 meter  規則的に反復される拍のグルーピング。強拍と弱拍の定型的な集合で、音楽の流れに周期的な強勢点のあることで’時間的ゲシュタルト’が出現し、まとまりのる印象を形成する。多くの人がリズムの単位を拍よりも拍子として感じるのは、この理由によると思われる。

この本が好きなのは、音楽の用語も人の体験に照らし合わせ書いてあるところ。現在は出版されていないようですね。良書なので残念。それにしても”時間的ゲシュタルト” そうですか、そうですね。

・・ということで、次回に続く。
拍・拍子については こちらもどうぞ。

リズム体感のずれを補修する方法・・・・・音楽を描く/楽典講座の案内です。


「実感してすすむ楽典」講座を不定期に東京で開いています。
とかく無味乾燥になりがちな音楽理論ですが、ここでは血の通ったものになるように工夫を重ねています。
同時に「音楽を描く」講座も開催。


この記事を発信しているのは
utena music field .
山あいのちいさな音楽教室です。うてな(台・萼)は高台とか花のガクなどの意味。一人ひとりが見つける音楽の、その下支えをしたいというおもいからつけた名前です。また日々の試行錯誤の中から生まれた、drawingによって音楽と自分とを結んでいく講座「音楽を描く」なども開いています。
(管理人・itotohari38)

音楽を描く’についてはこちら
ときどきお届けするニュースレターについてはこちら