最近の中学生の弾きたい曲

itotohariは小さな音楽教室を営むかたわらでドローイングで音楽を体験的につかむ「音楽を描く」講座をしています。私にとって、馴染みの深い音楽もあれば、誰かに教えてもらった音楽、受講者さんとアーでもない、コーデもないと取り組んだ音楽いろいろあるけれど、なんでも雑多にここジャンル横断Music のカテゴリーにほおりこんでみようとおもいます。

 

ゲーム・アンダーテールの挿入曲

数年前に、中学生が「亡き王女のセブテット」とか「オーエンが彼女なのか?」を弾きたい、とリクエストがあって、楽譜を探してきて、やったことがありました。

音数が多い−   と思いましたよ。
とにかく速弾きっていうのが最近の中学生のトレンドなんだね。

亡き王女の・の出だしは、それはベートヴェンです。

正直、題名の由来や背景などはおばさんには わかりかねますが、こういう曲のためなら、リズムの練習もいっぱいがんばってくれます。

そして、グルーブ感みたいなのはいらなくて、無茶ストイックに弾く。

こないだ、生徒がひょいと弾き始めたのが、アンダーテール。

ゲームの曲らしいですが、ユーチューブで探してきたのかな。

身体の限界について試してみたいお年頃。そして、できてしまうお年頃。

速さもだけれども、跳躍も。いいね、若いって。

息子も そういえば音ゲーにハマっていた頃がありましたが、今はどうなんでしょう??

H子姫、これは、1人では弾けませぬ。


こちらの記事も合わせてどうぞ!


***
utena music field
ちいさな音楽教室から発信しているサイトです。

うてな(台・萼)は高台とか花のガクなどの意味。
一人ひとりが自分の音楽を見つけられるように、
その下支えになる音楽レッスンをしたいというおもいからつけられました。

また音楽レッスンの試行錯誤の中から生まれた
drawingによって音楽と自分とを結んでいく講座「音楽を描く」などを開いています。
音楽を描く’についてはこちら

news letter

 

 

 


コメントを残す