参加者の声 (個人入門とピアノ)

初めて個人レッスンで入門講座と、続けてピアノ楽曲の個人レッスンを受けていただいた方の感想です。
体験されたものの感触が伝わってくるようです。
主催している私には、伝えようのないところです。

途中を抜き出させていただきました。

・・・そして、いよいよレッスンが始まりました。

机の上には画用紙とクレヨン、パステル、色鉛筆、えんぴつなど様々な書くものが並んでいます。

そこから自分の好きな物を選びます。

そしてまず、画用紙を両手の平で触ってみます。

その感触を言葉で表していきます。

 

それから目を閉じて同じことをしました。

すると、目を開いて触っていた時とは違う感覚がありました。

音が聞こえてきたのです。

きっと目を開けていた時にも音は聞こえていたはずですが、

私は聞き逃していたのだと思います。

触覚と音は何か関係が深いものと思って来ましたが、目を閉じることによって、

もっと音に対しての感覚が研ぎ澄まされる体験が驚きであり、新鮮でした。

 

それから谷中さんの弾かれるピアノに合わせて、画用紙に音を線で描いていきました。

左手で弾かれる旋律を、そして、右手の旋律へ。

目に見える線で現れた音がどのように組み合わさって、または、並んで、離れて、・・・・

続きは 、受講していただいた平井久仁子さんの アトリエ・カンテレのブログでどうぞ! 平井久仁子さんは、アンカヴァーリング・ザ・ヴォイスの指導をされています。

音楽ワークショップ
「音楽を描く]については
こちら↓


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です