リズム体感のずれを補修する方法・・・・・音楽を描く/楽典講座の案内です。

拍の感じ方がかわれば、かわってくる体感 西洋由来の音楽はたいてい、「拍」を持っています。 拍の一個は、たとえば 西洋建築のれんがの一個、 生き物の細胞の一個 のようなものです。 これを実感で捉えること。 ここからスタート…

続きを読む →

カタルーニャの音楽と独立問題

カタルーニャの音楽と独立問題

カタルーニャにはなぜか特別な思いがある。それは私がカタルーニャの音楽にとても惹かれているから。独立を望みながら300年を暮らしてきたこの地のニュースをネットで見るたびに、あの、カザルスの「鳥の歌」が記憶のおくから蘇ってくるので、なんだか、この際だから、カタルーニャについて知っているものを拾って集めてみたくなった。

(ついでに・・以前に紹介した「聖母の御子」もカタルーニャの民謡。)

モンセラートの朱い本

14世紀ごろの歌曲集。朱色が鮮やかな譜面

 

イサーク・アルベニス

アストゥリアス
演奏は ルイス・フェルディナンド・ペレス

フェデリコ・モンポウ

内なる印象

Luis Angel Martínez ピアノ

初めてきくピアニスト。モンポウは好きすぎてなかなか気にいる演奏がないのだけれど、 これ、いい。

モンポウをきくと、猛烈に懐かしく悲しくなるのは、思春期の頃ずっと聞いていたカザルスの「鳥の歌」に似ていたからかもしれない。
カタルーニャの音楽は、どれも、自然の中から染み出してくる”あの”気配がする。

 

パブロ・カザルス

カザルスのこの講演をきいていると、この人のなりと音楽と声と話し方というのは、紛れもない、この人なんだなと思う。音楽はいつも同じ抑揚で演奏したりはしない。いつも違う。なのに。

こうやって並べてみると、
カタルーニャという土地が音楽的に独特な場所だということをひしと感じる。内省的で、物静かなのに情熱的。

そうだ、サクラダファミリアもこの地にある。

カタルーニャ音楽堂もすごいつくりこみ

Wikipedia カタルーニャ音楽堂

これはサクラダファミリアの設計をしたガウディとは別の建築家だそうだけれども、どっちにしても、なかなか、根気のある民族なんだなーと感じる。

カタルーニャの独立への思いは、数百年の長きに渡るらしい。独自のことばカタルーニャ語を話す、芸術に長けた民族。音楽も建築も、私には独特に入り組んだ深い森のような印象がある。この建築と音楽はどこかでつながっていると思えてならない。

EUがスペイン内でおこったこのカタルーニャの独立運動、国と州との対立に沈黙をしているのは、カタルーニャの独立運動が他の少数の民族に飛び火するのを防ぐ必要があるからだ、とか。

バルセロナ生まれの元仏首相、カタルーニャ独立が欧州に与える影響について語る

スペイン・カタルーニャ州の独立問題とは何か

投票が圧倒的に独立支持だったけれど、独立の延期を発表したカタルーニャ。
歴史はまだこれからも続く。

 

音楽ワークショップ
「音楽を描く]については
こちら↓

線を引く

線を引く

線という境界

「線 」について、いろいろ調べていて気がついた事がある。線、というのは大方において既に引かれた結果のもので、境界を表すことがおおい。ということ。

一線を超える。
線を引く。

私が仕事で扱っている線は育成途中、何かをなすプロセスなので、私の言っている「線」という語の使い方はヘンなのかもしれない。この事実に正直戸惑ってしまった。そして、ワークの中での幾つかの出来事と、それは重なってきた。

初めてワークを受ける人の中には、この方法で線を描くのにためらいを持つ人もおられる。すごく変な感じなんだそうだ。試しに姉にやってもらったときもそうで、「普通、そんなもんよ。日常にないもん。」と言われた。そうなのか?!私にはあまりに日常化しすぎていて、「線が生きてきる」と感じることが非日常とは思ってもみなかった。

線という運動・時間経過

1歳前後の赤ちゃんの”じろじろ”(おえかきのこと)は、まるをぐるぐると描く。みんな間違いなく最初は ぐるぐるした曲線だ。これは、何かの形を描いているのではなくて、腕の運動だ。その運動が外界に跡をのこす。赤ちゃんはそれがおもしろくって、なんどもくりかえして描く。だから、必ずみんなが衝動として持っているはずなんだ。

それが、形を真似るようになり、形がみえてきて、大人が「これは誰?」とたずね、「おかーさん」とか適当にこたえるうちに、線というものが 視覚領域のもの、形を抜き取る道具になっていく。それは必要なことでもある。ただ、運動としての線をそのために失っていくのはとても残念なことだと思う。

だからな、子どものうちに自由な線を描いたり、フリーハンドで五線を引っ張ったりしてみるべきなんじゃないかな、と。まだ赤ちゃんの体験が残っているうちに、自由な線を描いてみておくのは、細々とした教育以前にとっても大切なことなんじゃないかと思う。

なんでかっていうと、

たとえば、絵画において、猫を描いたものでも、

猫をなぞった という絵と

猫という生き物を描いた絵の違いは、きっとあって

それは、境界としての(日常にまっとうな)線であると同時に、そこに猫というもののの動きも現しているか。そして、絵を描く人が何かを訴えたいとしたら、その、後者のほうではないのか。そういうものを表出する方法を私たちは一体どこでうしなってしまったんだろう。

線が活発な運動の表出として描かれるということは、それは、音楽にも通じていく。(「音楽を描く」ワークの中でも最初は、ためらいのあった人も、そのうち描き慣れて、馴染んでくることによって音楽とむすびついてくる。)ものの見え方や関わり方も違ってくる。もしかしたら、思考にも影響を与えているかもしれない。事物のなかに入っていくか、事物の表層を踏み固めていくか、事物の輪郭だけを追っていくか。

これは、個人の有り様の問題ではなく、「日常」からこの動きを追い出してしまった教育の考え方の問題なんだと思う。だって、赤ちゃんは描けるんだからね。

そして因みに、線が生きてるかどうか、はうまい下手の問題じゃあない。

そういえば、余談だけれども、最近のAIのお絵かきのレベルがすごいらしくて

落書きの次の予測をしてちゃんとへたに描く 「 sktch-rnn」 とか、

下手な落書きを上手に修正してくれる「Aout draw」

とかあるらしい。どうよ。

音楽ワークショップ
「音楽を描く]については
こちら↓

ぐるぐる

マーブル色鉛筆で描いたぐるぐる

ぐるぐるが好き

ぐるぐるは生きてる、気がする。

渦巻きや螺旋に心惹かれる。

それが静止したものであっても、そこに動きを感じるからかもしれないなと思う。作文の途中で嫌になって無駄に描くイラストにも、いつもなにか蔓性の植物を絡ませたい。

どっかから拾ってきた、でんでんむしの写真もぐるぐる。

 

ちなみに、ぐるぐるにも種類があって、フィボナッチ数列でぐるぐるするのと、等間隔でぐるぐるするのでは、ぐるぐる感が微妙に違うけれど、好みとしては、断然フィボナッチのぐるぐる感。でも、フィボナッチは急速に真ん中に吸い込まれてしまうので、もう少し粘ってるくらいが本当は好きです。

左の絵がフィボナッチ数列でできているオウムガイ。

(無料の写真配布pixabayで検索したらすぐに貼り付けられましたよ。さすがwordpress。もっと活用せねば。)

 

音楽のなかのぐるぐる

音楽の中にもあるぐるぐるが気になる、とっても。

子ども向けの昔ながらのピアノテキスト「オルガンピアノの本」の1,赤い本の中に  「かざぐるま」というのがあって、ミレドレ ミレドレ ミファソミレーー・・・となっているところ、いっつもほんとに風車みたいにくるくるしてるなあーと思う。

これに習って私の作ったピアノのテキストには左手の「ドシラ ドシラ ド−シラー・・・」という音の並びの曲にはくるりくるりまーわるーという歌詞をつけました。もちろん、レッスン中に描きます。子どももぐるぐる大好き。歌いながら弾くと3拍子が無理なく弾けます。ようするにおんなじ音をいってきて 帰って来るとぐるぐる感になる、ってことか。

そうそう、だから、ハーモニーの音をばらして行ったり来たりする アルペジオ、というのは、どんな曲でもぐるぐるっぽいです。モーツァルトの時代のドソミソの繰り返しなども、細かな上向き螺旋にかんじて弾くと楽しい。あれは退屈と思っている人もぜひともぐるぐるしながら弾いてみてください。

ショパンのバラード3番のぐるぐる

ショパンのバラード3番ピアノ曲の中で、思い出すぐるぐる、といえば、何と言ってもショパンのバラードの3番。(chopin:Ballady3)

ある詩人の詩からインスピレーションを受けた、ということで、ショパンにしては珍しい映像的な曲。愛を誓った恋人の裏切りをしったウンディーネが水の中に引き込んでしまう、というファンタジックだけれども、怖い曲。最初のミ♭ の雫のような一音からじわじわ広がり、次第に可愛い渦が大きな渦になって、激流に・・そして、静かになっていくとこが美しく。もう最初っから最後まで渦巻きの曲です。(ワタシ的に)

このバラードはかなり本格的にぐるぐるだけれども、いろんな作曲家の曲のなかには場面転換の役割として一巻き登場することもよくある。いま練習中のフランクの プレリュードとコラール・フーガの フーガの中にもでてくるし、リストの愛の夢第3番にも場面展開できらきらきらきらと美しく旋回して。

ああ、もう一つ思い出しました。

一昨年聞きに行った合唱のコンサートの中にあった千原英喜の「コズミックエレジー」のなかの「牡丹園」。草野心平の詩で、一番最後のことばが”渦巻き”で、まさに渦巻きでした。不協和音と協和音がぐるぐるしてでできる渦。もし聞く機会があれば是非。

 

遺伝子も螺旋でぐるぐる。

たのしい。

音楽を描く’ワークでも、ぐるぐるは大事な要素。
ぐるぐるは生きているから。

音楽ワークショップ
「音楽を描く]については
こちら↓