自然描写と感情表現としての3度

自然の描写と感情表現

あ、せんせいきいてみたいことがあります。

帰り際靴を履きながら、見送りで後ろに立っていた私のほうを振り向いて、たずねられたこと

「自然現象は、表現していて楽しいんです。感情も表現したら楽しいんですか?」

あー、帰り際に鋭い質問だなあ。

私も昔ドビュッシーとバッハばかり弾いていました。今はシューベルトが楽しいです。

と、ほかに何を話したか、よくおぼえてません。

ただ、あとから、

「音楽が感情を自分の中から引き出してくれることもあります。」と答えればよかったなと思いました。

日本で暮らす人の多くは、同じように、感情表現は苦手と思っているかもしれないなと思うのです。慣れていない、というか、根っこのところでは求められていないから慣れない、というか、そういう環境です。日本というのは。学校等で、表現力があるとか、表情豊か、というのは「だれが見ても(きいても)」という前提があって、そりゃ聞く方のイマジネーションと情報収集能力が乏しいんだろう、と思わず漏らしたくなります。そんな環境だから、「表現」というものに対して、いささか誤解があるかもしれない。表現というのは少なくともパフォーマンスではない、と思うのです。私は。

感情も表現したら、楽しいんですか、か。そもそも感情を表現しなければいけないものだろうか、などどいう問いも新たに湧いてきます。

楽しいか。?どうだろうなあ、音楽という支えの中にいる安心感はあります。

そういえばどうやってドビュッシーとバッハしかない世界をあとにしたのだろう?思えばあの頃はこの二人に守ってもらっていたのかもしれないとも思います。いいんですよ、そういう時は、それで。もちろん一生そうでもなんら問題はない。

表現、というアウトプットのまえに、聞く、感じる、というインプットがある、必ずあります。

その聞く、感じる、というフィールドにとどまり続けることもわるくないかも。

みたいなことをつらつらと考えていました。

 

3度体験と感情表現

西洋音楽の歴史の中で、長3度と短3度の感覚が浸透してきたとき(いわゆるメジャーの気分とマイナーの気分ですね)、人は感情を音楽の中に表現できるようになったのだそうです。あるいは、時代の要請で、音楽の中にそれを必要とした、どっちが先かはわかりませんが、何がしか人間の欲求が変わってきたのでしょう。それまでは4度、5度が主流でした。

じゃあそれ以前、感情はなかったのでしょうか?

「自然の描写と感情表現」という対比、今まであまり考えたことのなかったお題を頂いて、にわかに、人が初めて音楽を発した時の「心」の揺れに好奇心がうずき始めました。

歌であったか、太鼓であったか、人が音楽を生んだその時にはきっと何か、心のなかで動いたからに違いないと思うのです。猫だって、欲求がないときにはないたりしない。その人はその時、何か内的な衝動を持った。自分の外になにか表したい、と。呼びかけであったか、祈りであったか。

自然現象を表したいと思うのも、神様に向けて歌うのも、人の心のなせる技。

けれど西洋音楽を古い時代から辿って行くと、確かに、3度が入り込んできて、音楽は一気に人の感情に近いもののように感じることができます。その「感情」と、はじめて人が歌をうたうというときの「感情」は、なにか違うのでしょうか。きっとどちらも感情には違いないと思うのです。

少し脱線するかもしれないけれど、私は感情が高ぶっているときは、ピアノに集中することができないなあ、ということも思いついてしまいました。音楽の外に出てしまうようなその「感情」は?

そう、音楽と同じように、感情というものも無意識と意識の間のグラデーションのなかで、幾層にもなっています。でも、だからああ、いろいろあるのね、で、おわり、ではなくて、その一つ一つの体験として、実感として、捉えていくこと。そのひだを眺めるだけではなく、直接触れていくことの必要性を、私は強く感じる、なぜだろうと考えるに、その層が歴史のなかで時間軸の中での出来事であるだけでなく、一人の人の音楽体験の実質につながっているからなのです。

西洋音楽における、感情体験としての3度体験、感情を表すことを苦手とする、というか、慣れていない私達日本という島国に住む人達。もしかしたら、私たちは、この3度の体験、4度や5度に比べて、直接自分の感情に触れているようなこの体験を、まだ味わい尽くしていないのかもしれません。音楽の器の中だからこそ、拓く勇気も湧く、ねえ、どうでしょう。


写真は昨日の夕空。
台風前の不思議な色の空に、消えかけの虹がかかっていました。
写真を貼り付けながら、
感情、というのも自然の一部なのではなかったかな、と思いました。
この空に気持ちがかき乱されるというのは何なんだろう。そこには自然と感情が共鳴し合う何ががあるからじゃないかなって。

音楽ワークショップ
「音楽を描く]については
こちら↓


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です