小澤征爾とカラヤンの「新世界より4楽章」テーマ

YouTubeで、ドヴォルザークの「新世界より」の第4楽章を検索したら、

一番目にあったのが小澤征爾とウィーンフィルのもの

次が カラヤンとベルリン・フィルのものでした。

この「新世界より」第4楽章のテーマを1小節単位で、この二人の指揮に合わせてスケッチしてみることに。

一方(上)がきめ細やかに時間の経過を追っているのに対し、

もう一つはブレのない感じ。

 

もう一つ。

 

一拍目の振り下ろしは似ているのに、上行して戻っていく2・3・4拍目は圧力のかけ方が随分違います。

指揮法に通じているわけではないので、あまり論理的には説明のしようがないのですが、多分、不慣れな演奏や指揮だと、上下するだけ、という動きになってしまうのかも。それを思えば、この2つのモーションは一貫性を持ち、隅々まで意識が働いていることを現していると思います。

やってみて、特に面白かったのは、上が一本線を細やかに追っているのに対して、下のほうは 下ろす、とあげる、はそれぞれ別の方向からやってきたかのように、立体的な印象を持ったことでした。

似た記事

グラナドス作曲12の舞曲から5番 アンダルーサ

***
utena music field
ちいさな音楽教室から発信しているサイトです。

うてな(台・萼)は高台とか花のガクなどの意味。
一人ひとりが自分の音楽を見つけられるように、
その下支えになる音楽レッスンをしたいというおもいからつけられました。

また音楽レッスンの試行錯誤の中から生まれた
drawingによって音楽と自分とを結んでいく講座「音楽を描く」などを開いています。
音楽を描く’についてはこちら

 

 

 


コメントを残す