スカボロー・フェア

スカボロー・フェア(Scarborough Fair)、といえば 私達昭和世代だと、サイモンとガーファンクルの美しいハモりとチェンバロの伴奏の曲が思い浮かびますが、原曲は16世紀イングランドの伝統的な民謡だそうです。

どこか懐かしいような神秘的なような気分になるのが、

歌詞の

パセリ セージ ローズマリー &タイム
の ”マリー”の の音

(音階の第6音)の不思議な上がりかた。独特の浮遊感があります。これは、普通の短調と違って、この6音が高い ドリア旋法でできているからです。そしてこの曲の中ではここにたった一つ。これがあるために、
parsley sage rosemary and thyme
ということばはまるで魔法のことばのように聞こえます。

(*そういえば、この植物庭に全部生えている事に気がついて、noteにまとめておきました。)

ドリア旋法なのは以前に取り上げた「グレゴリオ聖歌過ぎ越しの犠牲」と同じです。レミファソラシドレ という並びの音律(昔はドから始まる音階だけでなく、レとかミとかファ・ソ・ラから始まる音階などがありました。)のレがフィナリス、ラが支配音・・これも忠実に守られています。

改めてきくとこの2曲はほんとうによくにています。実は前に過ぎ越しの犠牲を講座で取り上げたあと、受講者の方から、「スカボロー・フェアもドリア旋法ですね!!」と御指南頂いたのです。よく、結びついたな−と感心しました。また、こないだある方と話題にのぼった、 ピアノレッスンという映画の The Heart Asks Pleasure First(楽しみを希う心)も最初のフレーズはドリア旋法になっています。その方は私が弾いた スカボロー・フェアのあと、この曲をもってこられたので、たまたまかもしれませんが、でも、無意識でなにか、近いものを感じられたのかな、と思いました。皆さん、理屈なんかでなく、感性でよくきいておられるんですねー。それを紐解く私が無粋なような気もしてきます。

5/6月の入門講座では音高のワークの後、scarborough fair を使ってメロディがレーラーレの間を行き来している感覚を取り出してやってみました。

フィナリスと支配音の関係は、ドミナントと主音に類似しています。人が感覚的に音楽を生み出していくために一番自然な関係性なんではないかなと思うのですね。これが体感的につかめていると、音の流れの必然性が理解できるので、こういうのを繰り返し入門講座ではやっていくことになります。

さて、個人レッスンでも取り上げたときは、これだけではなく、拍子としての繰り返しの流れ(オスティナート)を、どんな風に捉えたら演奏のとき気分が出るだろう、ということで、いろいろやってみました。お互いの頭のなかにあったのはあのサイモンとガーファンクルのうたです。

柔らかにでも、推進力がありながら、ゆるみもある、タータタータという繰り返し。出始めは上向き?下向き?じゃあ自分で演奏するとしたらそれはどうなる?ということなど・・

で、

今あらためて ケルティック・ウーマンの演奏も聞いてみました。S&Gは3拍子の拍も聞こえてくるけれども、ケルティック・ウーマンの方はタータの流れの方が有勢。ケルトの3拍子、ですね。まさに。

 

S&Gとケルティック・ウーマン のオスティナートを描きとったものが下。

どちらも上の方はまだ探している感じ。下に行くほど、感覚がつかめてきてる感じでした。

紫と青、どっちがどっちでしょう?

noteの方の記事はこちら。登場しているハーブの写真を載せています。


 

関連記事

音楽を描く やってみる

グレゴリオ聖歌過ぎ越しの犠牲

音楽ワークショップ 「音楽を描く]については こちら↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です