サンショウバラとクレマチス

2015 年5月17日


芸術、というと 日常を忘れさせてくれるものだったり
非日常や、日常から遠い精神世界だったり、そういうイメージがおおいのだろうなとおもう。
私は日常的で、実用的な芸術
みたいなことを
いつも考えている、気がする。
どんな小さな花にも摂理が生き、美しさが生きる。
そんな、きちんと手の届く、額縁のいらない芸術を。

この記事を書いている人の
音楽ワークショップ「音楽を描く」は
こちら→ です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です