ことはじめ

東温市・ニュータウンの丘から

ホームのトップページの絵は 娘に頼んで描いてもらいました。

私の住んでいる愛媛県東温市は盆地(扇状地?)になっていて、音楽教室はその平野部より少し山に登った高台にあります。写真では、霧に隠れて見えませんが、雲の向こうに、山々の裾野がなだらかにつながっています。

utena という名前の由来なんかのはなしを娘に伝え、そして返ってきた返事に添付された絵をみて、あ、これ東温市。と思ったのでした。東京へ行ってしまって、故郷が恋しいという素振りも全くなさそうですが、イメージはしっかりのこってるのね。

ホームのトップページ

ブログから記事を少しづつ移植始めました。

まずはこれ。


2015年3月3日

うぐいすが鳴いたのは、一週間前。
今朝早くに目がさめて、
ずっと決めあぐねていた、活動の名前を思いついた。
それ、そのものに名前は付けられないから、その周りのものに名をつけていかなければならない。
“utena” music field
”台”音楽の場・・・場でもいいし、野原とかそんなイメージでもいい。
あるいは子ども向けには
“うてな音楽広場”
わるくないかも。
utenaは台とかけば、場所とか高台のこと。
萼と書けば、花のガクのこと。
音楽をする人の下支えになりたい、という意味合いで付けた。
ずっと、音楽教室の屋号に使ってきたが、今ひとつ自分になじまなかった。
馴染んでいないのは、「音楽教室」の方だったんだな。
ということで、
これまで積み上げてきたものを整理しながら、
ここは小さな泉のように、
いつも小さなものとしてありますようにという願いも込めつつ、
新たに、日記をつけ始めようと思う。

音楽ワークショップ 「音楽を描く]については こちら↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です