心に音階を描く

中学3年生の男子。小さいときからレッスンに通っていて、「音楽を描く」のワークは小さい頃からなれ親しんでいます。

音楽は大好きなのですが、歌うとピッチ感がなく、平坦になってしまいます。それでもここは安心できる場なのでしょう、ありがたいこと歌って、というと嫌がらずに素直に歌ってくれます。ふた月ほど前から、彼と相談し、そのピッチ感を育ててみようか、という話になりました。レッスンのたびに音高のスケッチを5分ほどずつ続けています。上の写真は細かに音を取っていますが最初はもっと粗い音程で取っていました。幅が大きい方が捉えやすいタイプだったからですが、段々と細かいピッチを認識していっている過程です。

ドレミの線上には歌っている音は並んでいません。よく聴くと、彼の場合は一音の幅が大きい。メロディを歌うっと平坦なので、それは方眼紙のイメージもあるのかもしれませんが、何かきちんと取ろうとすると幅が大枠になっていくように思えます。そして半音は存在しない。何回かやりながら方眼紙を使って毎回少しやることをかえながら、私と彼との共同作業でなにかを発見していく過程は、なかなか冒険的で楽しい作業です。嫌がったり恥ずかしがったりしないので、こちらもとにかくまめに伝えていく。最初はどこをとっかかりにすればよいのかわからないくらいだったのですが、少しイメージがついてきて、ドーソード でドに帰ってきた時の着地が上手くいかない、とか、半音の幅がひろい、とかそういうのが共有できるようになってきました。

前回は、半音を丁寧にさらってから、音階を歌うと初めて全部正しい音階で歌うことができました。一時的なものではあるけれども、自分はできるんだという気持ちにつながってくれたらいいなあと思います。

ここ2回ほどのレッスンで、ピアノの演奏の方にその影響があらわれ始めました。間違いそうになった時にテンポを落として次を模索するという動作がはいるようになったのです。心のなかに音の高さが浮かび始めているようです。これからが楽しみ。

音高が取れないからといって何も感じていないのではない、ということを強く感じるようになったのは、彼との関係の中で。かれはハーモニーはよく分かるようで、カデンツなどはどんなに♯や♭がたくさんついた調でも割と簡単にカデンツを見つけることができます。そしてテンションコードが好き。ほんとに人の聴覚って面白いなあと思います。

別に歌えなくったっていいと思うのですが、音痴を直していく過程で単に身体的に出来るようになる、ということだけではなくて、うんと音楽をリアルに感じられるようになるというメリットがあり、それが歌だけでなくピアノの演奏にも影響してくるとなれば、これはチャレンジしてみる甲斐があるというもの。

学習障害の人には特に、私は効果があると思っています。そういう子たちはとても素直ですし、他にない実感が伴うので、喜んでいつでも付き合ってくれますよ。

 

 


 

音楽ワークショップ 「音楽を描く]については こちら↓