音階を正確に

中学生・ソルフェージュ中心のレッスンをしています。

まだ楽譜から正確な音程を取ることができないので、インターヴァルスケッチをしばらくやってみることにしました。

正確なピッチ勘を養うまず5度。3度。主和音のハーモニー。それから一音ずつ上げていきました。

ただ耳で聞くよりも、いつも下がり気味のピッチを正確に保ち、もとのドの位置にもどる、ということが少しづつできるようになってきました。

彼女は数回のレッスンで、音高の感覚がしっかりと目覚めてきたようです。

いわゆる、音痴、というのの大半はこのピッチのイメージが曖昧であることが多いので、

その場合このワークは相当によい効果をもたらせてくれる、ということを再認識させてもらったレッスンでした。

(ただし、音楽を描く、のやっていることを十分に理解した人がそばにいて、アドバイスを受けながら、

ということが欠かせません)

中学校では合唱部。役に立っているようで、私も嬉しいです。

 

音楽を描く

スタートガイドボタン

 音楽を描く・のニュスレター購読してみませんか?
一緒に学びましょう!

news letter

 

 

音楽ワークショップ 「音楽を描く]については こちら↓