キャサリンロリン・心のスペシャルプレイス

キャサリン・ロリンの曲を感じながら、描く。愛媛県・生涯学習センターのyuyuカレッジ、

ソルフェージュ体験ワークショップ「音楽をスケッチ」では、

短いワークショップ時間を有効に活用するために、全5回の毎回、一曲を丁寧にさらっていくようにしています。

5月〜9月の間は、キャサリン・ロリン という作曲家の

「ピアノの叙情詩」というテキストの中から

「A Special Place in My Heart」(心のスペシャル・プレイス」を取り上げています。

これは、ポップス調の緩やかな3拍子のピアノ曲。

3拍子、じつは苦手〜 と仰っていた、参加者の方。

いやいや、 日本人の大多数は苦手だと思います。そうおもって、この曲を選びました。

メロディも覚えやすい、親しみやすい曲です。

3回めの 今回は、描きながら聴く、 聴きながら腕を使って動かせる、ということにも段々慣れてきた様子の皆さん。

今回は、それぞれの感じるこの曲の拍子感を鑑賞して、その違いを味わってもらいました。

 

 

感じ方の違いがフォルムにそのまま表れます。

ごく微細な感じ方の違いがフォルムに現れます。

この日は音高もほんの少しできました。

1時間、短い!!との声。
夢中でやっていると、時間はいくらあっても足りないくらいです。

次は8月26日。

10月から yuyuカレッジ 後期の開催も決定しています。

「音楽をスケッチ」(音楽を描く)については

「音楽を描く」gallery サイト

をどうぞ。 ニュースレターの案内もサイト内にあります。

とりあえずなにかやってみたい、という人は

「音楽を描く」

で紹介しています。


キャサリンロリン ピアノの叙情詩
キャサリン・ロリン
全音楽譜出版社
売り上げランキング: 24,749
この記事を書いている人の
音楽ワークショップ「音楽を描く」は
こちら→ です。