するす

(2才から)

こんやの するすは

よくかむ するすだ

なんのき するすだ

とつのき するすだ

じゃっこじゃっこじゃっこじゃこ

こんやのするすは

よくかむ するすだ

びゃぐんなっても にひゃぐんなっても

ねーこのこえだば

ぎぎだくね

するす

 


するす とは石臼のこと。

とつのき =栃の木

ひゃぐ =百

ぎぎだくね=ききたくない

二番になってはじめて、これをうたっているのが ネズミとわかります。

なまりの濁音は、石臼の石のまわる音を連想させます。

「す」は本来すずしい、とかすりぬける、とか、すーっとか、風を連想させるような音ですが、ここでは、するすの最初の「す」は子音を多く重めに発音します。そのほうが重さを感じることができるから。

石臼を回す動作をしながら、うたいます。

重い重い石臼が、粉がこなれてきて

じゃっこじゃっこじゃっこじゃこ、

となるに従って軽くなります。

回す、という動作に、重い、軽い、という質感が加わります。

「音楽を平面に描く」でやっていることと同じですね。

じゃっこ じゃっこ はタッカ タッカのリズム。

タッカ タッカ タッカ タタ。です。

正座して、腰を落として、腕全体で重さを表現します。

子どもは真似しますが、なかなか待てなくて、すぐ速くしたがりますが、

何食わぬ顔で大まじめに、こんやのするすは・・・と、重々しく始めるのが、楽しいですよー。

こういうのをやているうちに、子どもも自然とじっと座れるようになってくるようです。

これはネットで見つけたものですが、出どころがわからなくなってしまいました。

 

 

この記事を書いている人の
音楽ワークショップ「音楽を描く」は
こちら→ です。