うてな音楽教室の基本姿勢

ここの音楽教室はずっとまえに、

「子どもたちがおとなになった時に

音楽を心から楽しむために何が大事だろう」と考えて

ただピアノの技術だけを磨くのではなくて

豊かな音楽の種をまく土壌を作るお手伝いをする、と決め、

その方向で、講師は学びを深めました。

時代は子どもたちを先へ先へと急がせますが、

この教室は子どもの成長を急がせません。

教室

じっくりと、ゆっくりと、手を抜かず、 手をかけすぎず、

自ら音楽を体験できるように待ちつつ教えます。

一つ一つ確実に実るのを待って先へ進みます。

本当のところ、そんなことより

技術を教えこむことのほうが簡単であるかもしれないのです。

お母さんたちも早く上達してほしい、と思っておられるかもしれません。

でも

そうして育った「utena」の子どもたちが、後々になって、

感性豊かにピアノが弾けるようになり、

楽譜から音楽を引き出して自分で楽しんだり

コードをつけてアレンジすることを覚え

生活とともに音楽に親しんでいるのを見るにつけ、

この舵だけは、どんなに時代が変わっても

離すまいと思っています。

結局そのほうが子どもたちの学びの深いことを

この教室で育った子たちが教えてくれているからです。

当然のことながら、音楽は芸術なのです。

mika taninaka

シューベルト 即興曲op90-3


音楽ワークショップ 「音楽を描く]については こちら↓