2015年発展プログラム 開催要項

発展プログラムでは、スケッチワークを多方向からのアプローチによって体験できるように、個人レッスン・グループレッスン・講義・の3つのセットメニューで構成されています。
これは受身ではなく自分の体験としてより深められるように組んでいます。5回でどのくらいのことが出来るかわかりませんが、グループワークと「体験と講義」では、いろんなアプローチを試みながら、漠然としたイメージからある程度具体性があるものにでき、個人レッスンはで同時に自分の持っている音楽性を認め、豊かにしていくという価値感を身につけていただけたらと思い、内容を計画しています。スケッチワークを更に深めて、自分の音楽に自分で役立てたい、 音楽を今までと違う角度から体験したいという方はぜひ受講してみてください。(開催地/東京)
グループレッスン・講義は単独でも受講できます。
*発展プログラム第一期は12月で終了です。
第二期は来年度になります。人数が集まれば開催します。希望される方はご連絡ください。

発展プログラム 開催日時の予定 (土曜クラス)

第1回 6月20日(終了)/第2回 8月22日(終了)/第3回 9月12日(終了)/
第4回 11月7日(変更! 11月8日・日曜)

時間14:00—16:20 グループワークショップ
16:30—18:00 体験と講義
+個人レッスン(1時間)WSと講義の前後か後日となります。お尋ねください。

第5回 12月12日(場所)新井薬師駅近くのスタジオ響
時間 13:00—15:00 グループ質疑応答・各自で楽曲に取り組んだものを共有する。

会場は、開催15日前までに参加者にお知らせします。(ほぼ西武新宿線沿線)
細かい内容について
1.個人レッスン 1時間 (1回5000円)
それぞれの音楽の聞き方の癖や、ご自身の気質など基本要素を一緒に観察し、 自分でフォルムを作って楽曲と親しみ、より広く深い聴き方を模索します。(6月~12月までで5回)

2.グループワークショップ 2時間20分、4回(一回につき4000円) (個別受講・5000円) 10月まで

3.体験と講義 1・(6/20)平面になにを描いているのか。(終了)

4.体験と講義 2・(8/22)スケッチワークで西洋音楽の発生をたどる(拍→拍節→フレーズ→構成)(終了)

5.体験と講義 3・(9/12)音楽の発生の3つの場のこと(歴史・人の成長の過程・今ここの場)(終了)

6・体験と講義4・(11/7)スケッチワークで西洋音楽の発生をたどる (音高の差異→ペンタトニック→ハーモニー→メロディ)
(体験と講義全て 1時間30分・4000円・個別受講5000円)

7・(12/5)グループ質疑応答・各自で楽曲に取り組んだものを共有する。(13000円・単独は不可)

問い合わせ/連絡先 ・谷中美香
下記のメールフォームをご利用ください。
(”utena” music field)

参加方法と参加費

全5回希望の場合と
発展プログラムの1回分、グループワーク・講義・個人レッスンを希望する場合。
*発展プログラムは全5回でひとまとまりになっていますが1回だけの希望の受け付けも許可します。

参加費のほかに当日の会場費をそれぞれ人数分で割った金額が必要となります。
会場はその都度できるだけ安い所を押さえたいとおもっています。
一回の参加費 :合計13000円

全5回プログラム参加された方には、終了証をお渡しします。
もし、全5回を希望しながら受けられない日がある場合は、来年時以降開催が決まればその時に受けるので構いません。個別参加の場合、グループワークと講義がそれぞれ1000円増しとなるので、希望される方はこちらの参加表明をお勧めします。

*連絡の際に「発展P参加希望」とお伝え下さい。個人レッスンの時間は相談して決めましょう。

グループレッスンか講義、個別に参加する場合。(全員で8人まで)

グループワークショップ5000円 体験と講義5000円
それぞれ単独で受けることもできます。(+会場費の人数割り)
*空きがあれば前日まで参加予約可能です。「個別参加」とお伝え下さい。個別参加の場合回毎に連絡ください。
個人レッスンも出来ますが後日となります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
*会費はそれぞれ当日ご持参いただくか初回に一括(65000円)でお支払いいただくかどちらかでお願いします。
*発展プログラム参加希望で、来られない回が事前にわかっているときは、欠員補充の募集をしますので、なるべく早くご連絡ください。
*キャンセルの場合必ず3日前までにご連絡ください。無連絡の欠席は参加費が全額かかりますので、ご注意ください。


 

この記事を書いている人の
音楽ワークショップ「音楽を描く」は
こちら→ です。