年中さんのわらべうた

 

だいぶ前に作成した表で、年齢や、使い方など、もう一度整理しなおしたいのですが、

とりあえず、こちらに持ってきました。

おもに年中さんを対象としたもの 年少さんは歌ってもらうわらべうただったのに対し、年中さんは一緒に遊ぶものが増えてきます。
いずれもシンプルで、素朴なものです。
おてぶし フレーズのまとまりを感じます。
緩やかな2拍子のリズム
手のひらの中にすずを隠して左右ぬ振ります。
いいよ!で右か左の手のひらの中に隠します。
おてぶしてぶし てぶしのなかに
へびのなまやけかえるのさしみ
いっしょうばこやるからまるめておくれ
いいよ
こころそだての

わらべうた

ついだ ついだ リズムの繰り返し。音程はありませんつぶやくようなうたです。
手首に鈴をつけて、重ねていきます。
回数を重ねると、年長さんくらいで、鈴の音だけで無音で4・5人が
重ねていけるようになります。
ついだ ついだ どこついだ (繰り返し) *心育てのわらべうた
ヒッテさんと ハッテさん ストーリー性のある、短いお話に指遊びが付いています。 ヒッテさんとハッテさんがまちがえて
けんかして けんかして にげてった・・・・・
*心育てのわらべうた
わにが 泳ぐ 同じメロディの繰り返し。鈴を目に見立てて中指と人差し指の間にはさんで歌います。 わにが泳ぐ わにが泳ぐ あたまをだして・・ *3才児のうたううた(早川史郎)より
上坪マヤ作詞 峯陽作曲
お花が わらった フレーズの一貫性を感じるために、薄いシルクの布を使います。
二人で両端を持って、フレーズにあわせてゆっくりと上下させます。
うまくいくと、布がふんわりと生きているように動きます。
おはなが わらった おはながわらった・・・ *3才児のうたううた(早川史郎)より
保富康午作詞 湯山昭作曲
にじがでた 音の上行 下行 歌いながら、クレヨンを持った子どもの手を軽く握って
一緒に虹をかいていきます。虹なので、
いつも決まった順序の色で何度も描くことになります。
この色の順序の正しさも、経験して欲しいところなので、
この曲に関しては、子どもに好きな色を選ばせません。
お絵かき歌
にじがでた すぐきえた フォルムスケッチ(いととはり)
あぶくたった
とんとんとん
ストーリー性のある、かなり長いお話歌。
繰り返しのたのしさと、ちょっぴり怖さがあります。
あぶくたった にえたった 煮えたかどうだか なべてみよ(繰り返し)

とんとんとん ”なんのおと”(繰り返し)

*心育てのわらべうた
げっくり かっくり 2拍子を身体でかんじるうたです。お寺のおしょうさん、と同じ遊び方。
拍子をとるのが苦手な生徒は、必ずこの曲をレッスンの最初に入れています。
げっくり かっくり 水曜日 もっくりきんとき どろだらけ・・・・ まめっちょ
ぼうがいっぽんあったとさ 子どものころよく書いたおなじみの絵描き歌です。
歌を重ねるたびに、絵が増えていって、どんどん変わっていく、傑作だと思います。
ぐずる子どものためのとっておきのお遊び。
ぼうが一本あったとさ・・・・ 伝承うた
するす 腕を使った遊び。するすは石臼のこと。
重いリズムを感じるのに最適です。
こんやのするすは よくかむするすだ・・・・ わらべうた
うっつけ タックルしてくる男の子をこの歌でかわすと、喜びます。
重みのあるリズム
うっつけ うっつけ 牛の子・・・・ *心育てのわらべうた
かっぱ グループ遊び。初めてのフェルトのボール遊びは、この曲から。
みんなで輪になって、フェルトのボールを 右回りに回していきます。
受け取る動作と、渡す動作をリズムに合わせて同時にするのは、
最初はけっしてらくではありませんが、
回を重ねるうちに、みんなの息が合ってうまくまわせるようになっていきます。
3人か6人で回すと、うまくいったとき、自分の選んだいろのボールが手元に戻ってくるのも
子どもにとっては魅力なようです。
かっぱ かっぱらった・・ 谷川俊太郎 詩
麦の穂 音高に合わせて、身体ごと、伸ばしたり縮めたりします。
この曲は、ペンタではなくダイヤトニック。
麦の穂のびる 麦の穂のびる・・・ イギリス民謡
(リラ・フレッチャーズから引用)
くまさん おでかけ 熊さんがいろんなものに出会って、行って、同じ道をたどって帰ってきます。
同じ道を戻る、というのが、味噌。集中力と思考力を養うことになります。
そこら辺にあるものを、川に見立てたり、野いちごに見立てたりします。
これは、人数が多いほうが、繰り返しも多くなるので、楽しいあそびです。
こういう長い遊びは、いつか息の長い曲に取り組むときに手助けになるでしょう。
くまさんお出かけ いってきます。
一本道を、テクテク。おや?・・・・・・
いっしょにあそぼう わらべうた
(コダーイ芸術教育研究所)より
どんぐり お絵かき歌として使います。
一人がどんぐりの役、もう一人は、どじょうの役で、それぞれクレヨンを持ちます。
たあーたんたん。のリズムの繰り返しを、たあーがどじょう、たんたんがどんぐりで、
画用紙の上を自由に描き進んでいきます。
どんぐり ころころ どんぶりこ・・ フォルムスケッチ(いととはり)
ちょっといってぽん 布の両端を二人で持って、すずを入れた軽い竹のボールをその布にのせ、
ボールをリズムよく遊ばせます。
歌の途中の”ぽん”という掛け声と、ボールのはねるさまがよくあっていて楽しい遊びです。
点としてのリズムではなく、プロセルのあるリズムを感じます。
むこうのおやまへ ちょっといってぽん。 3才児のうたううた(早川史郎)より
作詞 作曲
早川史郎
このおと なんでしょう いろんな素朴な楽器を大切に布の上に広げて、歌う人意外は目をつぶります。
歌った人は、楽器の一つを手にとって、好きに演奏して元の場所に戻します。
聞いた人は、その楽器を当てて、同じように演奏します。
「聴く」という大切な行為をうながす。遊び
音の質の違いなども、聴きます。
どこかで どこかで ちいさなうたがうまれるよ・・・ 3才児のうたううた(早川史郎)より
作詞 後藤礼子 作曲磯部 淑
ひみつだモン
胡桃の木
この二つは同じメロディ

場合によって使い分けます。

休符を感じるうた。

ひみつだもん あげられない・・・・

胡桃の木 ほらここに・・

まめっちょ2
(コダーイ芸術教育研究所)より
この記事を書いている人の
音楽ワークショップ「音楽を描く」は
こちら→ です。