音楽の苦手な人に

簡単にだれでも手にとって遊び始められるもの。
それが「音楽を平面に描く」の良さです。

ピアノはものにするのに大変な技術を必要としますし、歌だって、慣れていない人にはハードルが高いものですよね。ですから、音楽が嫌い、とか苦手、と遠ざけて来た人にとっても、この手法は

力になってくれるでしょう。音楽だけど音がならない、というのはどこかそういう人にとって安心感もあるでしょう。でも、すうっと線を引く、その行為の中に既に音楽はあり、音楽を奏でているのです。それを実感することができた時、音楽に対する体験は変わってきます。

音楽苦手で、という方の場合は、最初は個人レッスンで自分のペースを守りつつ始めてみるのがいいと思います。少しなれたら、是非グループにも参加してみてください。ほかの人にのペースを借りてすーと動けたりするものですよ。

私は、「音楽にはどうも向きそうにない」子どもたちがこのスケッチを心から楽しみにし、いつしか心と身体を一つにして 音楽を奏でられるようになっていく様子を間近に見てきました。

音楽的な不器用さのある人の壁をいつしか崩していくそれくらい力のあるものだと感じています。

また、あまり音楽的に器用でない人と関わる仕事をされる場合、

例えば、幼稚園や保育園の先生などには是非、グループを体験していただきたいのです。どんな風に歩調を合わせれば、互いが心地よい音楽の抑揚がやり取りできるか、理解できるかもしれません。そうしたら、子どもたちにスケッチを描かせなくても、なにか伝わるものになっていくと思います。

 

音楽ワークショップ 「音楽を描く]については こちら↓