練習しすぎの癖

専門楽器ゆえの治りにくさ

自分の楽器を好きすぎて、一生懸命練習したのはいいけれど、その分治りにくい癖も身につけてしまった、ということもありますね。それはなかなか自覚できないものですし、自覚できても癖というのはなかなか治りにくものです。

このワークは無心にスケッチを描く事で初心にもどり、0からもう一度やり直せるものなので、しっかり音大などで訓練を重ねて、癖も重ねてきてしまった、という人にとっても、とても有効なヒントと解決方法が見つかるかもしれません。癖の中にはあとから付いたもの、もともと身体的に持っているものの両方があります。どちらも習慣に関わることなので、修正が難しいし時間もかかります。でも、じっくりとじんわりと、向き合ってみる価値はあると思います。
このスケッチワークは、本人の意志が続けば、気ながに地道にきくことと描くことを結びつけていくことで、そうした習慣に自分で関わりを持ち、修正していくことも可能です。

大抵の音楽レッスンは技術や音楽性、といった「音楽」を習う場なので、自分の体感やきき癖と向き合う時間というのはなかなか取れないのものだと思います。ですから、あえて、そういう時間をとってじぶんとむきあってみるというのもよいのではないかと思います。

新しいインスピレーションの源として

また表現やテクニックに行き詰まりを感じる、という時も全体の流れのなかから、自然で有機的な進行方向を模索するこができます。それも、実はごく素朴な問題であったりすることがわかると思います。少し今までと違う音楽の流れがきこえてくる、ということもあるようです。自分でその流れに関わっていく。先生に教えられるだけでなく自分で音楽の流れをつかむ可能性が生まれてきます。

大切なのは自分が、自分で、ということ。

音楽を「習い事」として、まるまま教えていただく、という姿勢、これはもう一般的で当然のことのようになっていますが、「音楽を平面に描く」のベースになっている音楽プロセス体験という考え方は、それと少し違っています。自分が、自分で、自分を育てていく、そのための具体的な方法なのです。ですから、癖も自分で関わり、自分で修正する、そんなふうにやってみてください。

 

音楽ワークショップ 「音楽を描く]については こちら↓